9月27日(日)阪神11R、芝2400m

神戸新聞杯の調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 サンライズセンス 9/24 栗坂 53.5 - 38.8 - 24.9 - 12.4 馬也
2枠 2番 レッドソロモン 9/24 栗坂 53.9 - 38.6 - 24.9 - 12.1 馬也
2枠 3番 ジュンスパーヒカル 9/24 CW 87.0 - 70.9 - 55.3 - 40.6 - 12.7 一杯
3枠 4番 レッドアルティスタ 9/24 CW 88.6 - 72.3 - 57.1 - 42.2 - 12.3 馬也
3枠 5番 リアルスティール 9/24 栗坂 51.8 - 37.4 - 24.3 - 12.4 仕掛
4枠 6番 リアファル 9/24 栗坂 51.1 - 37.3 - 24.6 - 12.6 強め
4枠 7番 アルバートドック 9/24 CW 88.1 - 71.9 - 56.7 - 42.1 - 12.2 強め
5枠 8番 キロハナ 9/24 栗坂 54.7 - 39.9 - 24.7 - 12.1 一杯
5枠 9番 トーセンバジル 9/24 CW 66.3 - 51.8 - 38.9 - 13.0 一杯
6枠 10番 タガノエスプレッソ 9/24 栗坂 53.8 - 38.5 - 24.9 - 12.4 仕掛
6枠 11番 バイガエシ 9/24 CW 84.3 - 67.9 - 53.9 - 39.9 - 12.2 一杯
7枠 12番 サラトガスピリット 9/24 CW 84.7 - 68.5 - 53.7 - 40.1 - 13.6 強め
7枠 13番 ティルナノーグ 9/24 栗坂 52.9 - 38.7 - 25.2 - 12.5 一杯
8枠 14番 ゼンノブレーメン 9/24 栗坂 53.2 - 38.7 - 25.2 - 12.5 一杯
8枠 15番 マッサビエル 9/24 南W 67.4 - 52.0 - 38.0 - 13.2 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(2枠2番:レッドソロモン)
前走の1600万条件のレースを叩いて、中3週の間隔を開けての出走。
レース後も疲れを見せず、しっかりとCWコースと坂路で乗り込まれている。
先週はCWコースでしっかりと負荷を掛け、今週は坂路で終い重点の内容。
ラスト1F12.1秒と鋭い動きを見せ、大きな上積みが期待できそうな内容。
後は、距離面と相手関係によるところか。


(3枠5番:リアルスティール)
ダービー以来の出走となるが、中間は好時計を連発している。
調教は動く馬であるが、類に違わず今回もしっかりと動けている。
先週は時計の掛かるCWコースで6F81秒台、ラスト1Fを11秒台と軽快な動きを見せた。
今週は坂路コースで全体51秒台、ラスト1F12.4秒と申し分なし。
現時点での完成度という点で1歩リードしているとみたい。
後は、その成長力がどれほどのものか、しっかりと見届けたい。


(4枠6番:リアファル)
夏の上がり馬として期待の掛かる同馬。
前走では古馬の1600万クラスを撃破しており、力をあるところは示せている。
約2ヵ月の間隔を開けての出走となるが、中間は坂路コースで入念に乗り込まれている。
先週は全体50秒台、今週は全体51秒台の好時計を出しており、仕上がりの良さをアピール。
前走で鞍上もこの馬のことを手中に収めているだけに、どんなレースをするのか非常に見物。


(6枠10番:タガノエスプレッソ)
ダービー以来の出走となるが、調教の内容から成長力が見てみたい1頭。
皐月賞とダービーでは力が1歩及ばなかったが、目に見えない疲れもあったのだろう。
中間はCWコースと坂路でしっかりと乗り込まれており、非常に入念な内容。
先週17日にはCWコースで82秒台を出し、21日には80秒台を出し、今週の24日には坂路で53秒台。
これだけやれている時点で非常に状態面が良いと捉えたい。
一変があってもおかしくはないだろう。

【データ】過去10年の勝馬データから、スプリンターズS(G1)を占う(2015年)

【調教展望】中山11R 産経賞オールカマー(G2)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿