9月5日(土)札幌11R、芝1800m

札幌2歳Sの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 リアルキング 9/2 札ダ 82.6 - 66.2 - 51.3 - 37.6 - 12.2 一杯
2枠 2番 ディーズプラネット 9/2 札芝 68.0 - 52.3 - 38.7 - 12.8 馬也
3枠 3番 アラバスター 9/2 札ダ 72.1 - 55.5 - 40.9 - 12.8 一杯
3枠 4番 クロコスミア 9/2 札ダ 69.0 - 53.4 - 39.5 - 12.8 馬也
4枠 5番 ラヴアンドポップ 9/2 札芝 68.4 - 52.4 - 37.7 - 12.2 馬也
4枠 6番 アラモアナワヒネ 9/2 札ダ - - 53.7 - 39.0 - 12.6 一杯
5枠 7番 ペイシャオブマーシ 9/2 札ダ 70.8 - 55.9 - 41.4 - 12.5 馬也
5枠 8番 アフターダーク 9/2 札芝 64.5 - 50.1 - 36.3 - 11.9 強め
6枠 9番 ネコダンサー 9/2 札芝 66.9 - 51.7 - 37.4 - 12.2 馬也
6枠 10番 プロフェット 9/2 札芝 - - 53.2 - 38.8 - 12.6 強め
7枠 11番 アドマイヤエイカン 9/2 札芝 60.8 - 46.8 - 34.0 - 11.6 一杯
7枠 12番 ペイシャフェリシタ 9/2 札ダ 70.2 - 54.7 - 39.5 - 12.8 馬也
8枠 13番 スパーキングジョイ 9/2 札ダ 67.8 - 52.5 - 38.3 - 12.3 一杯
8枠 14番 リッジマン 9/2 門坂 - - - - 39.1 - 12.6
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(7枠11番:アドマイヤエイカン)
中6週間隔を開けて調整されてきた。
1週前の追い切りは函館のWコースで5F67秒台を一杯に。
そして今週は札幌の芝コースで追い切り、5F60秒台と破格の時計を計時した。
この時期、まだまだ調教段階では速い時計で負荷を掛ける馬がいない中、しっかりとやってきた。
将来的には判らないが、現時点での完成度という面では少しリードか。


(8枠13番:スパーキングジョイ)
新馬戦は、スローペースの中をしっかりと差し切り、非凡さを窺わせた。
その後、中3週の間隔になるが、中間は疲れを感じさせずに入念に乗り込まれている。
今週の追い切りは、札幌ダートコースで鞍上の藤岡騎手を乗せての追い切り。
特段時計が速いという訳ではないが、ラスト1Fは鞍上の仕掛けに応え、一杯に追われて良い反応を見せた。
現時点では何よりも順調に調整が出来ること自体、優位とみたい。
後は、レースでの力関係に尽きることだろう。

【調教展望】新潟11R 新潟記念(G3)(2015年)

【次走動向】有力馬の次走予定(2015/09/02時点)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿