夏競馬も残すところあと僅かです。

あっという間に秋競馬が開幕します。

有力馬達も大きなレースに参戦を表明して、より盛り上がる秋になること間違いなしです。



(毎日王冠では、大逃走劇を演じて欲しいエイシンヒカリ)


・ヌーヴォレコルト(牝4)
前走の宝塚記念(G1)では、牡馬一戦級を相手に5着と健闘したヌーヴォレコルトは次走、9月27日(日)オールカマー(G2)へ出走予定。鞍上:未定。


・ロゴタイプ(牡5)
前走の産経大阪杯(G2)では、道悪の中ながら5着に敗退してしまったロゴタイプは次走、9月27日(日)オールカマー(G2)へ出走予定。鞍上:未定。


・マイネルフロスト(牡4)
福島のオープンクラスのレースを快勝後にシンガポールのG1競走に挑戦して4着だったマイネルフロストは次走、9月27日(日)オールカマー(G2)へ出走予定。鞍上:未定。


・サトノノブレス(牡5)
前走の日経新春杯(G2)では、まったくいいところを見せることなく11着と大敗し、休養しているサトノノブレスは次走、9月27日(日)オールカマー(G2)へ出走予定。鞍上:未定。


・ダービーフィズ(牡5)
前走の札幌記念(G2)では、直線狭いところから怯むことなく伸びてきて3着を確保したダービーフィズは次走、9月27日(日)オールカマー(G2)へ出走予定。鞍上:未定。


・エイシンヒカリ(牡4)
前走のエプソムカップ(G3)ではファンの大逃げ期待を裏切る優等生レースをして勝利を?ぎ取ったエイシンヒカリは次走、10月11日(日)毎日王冠(G2)へ出走予定。鞍上予定:未定。


・アンビシャス(牡3)
前走のラジオNIKKEI賞(G3)では力の違いを見せつけ、古馬に挑戦状を叩きつけたいアンビシャスは次走、10月11日(日)毎日王冠(G2)へ出走予定。鞍上予定:M.デムーロ騎手。


・ダノンシャーク(牡7)
前走の安田記念ではいいところを見せることが出来ず10着に敗退し、その後は休養していたダノンシャークは次走、10月11日(日)毎日王冠(G2)へ出走予定。鞍上予定:岩田騎手。


・イスラボニータ(牡4)
中山記念の後、順調さを欠いて休養にあたっていたイスラボニータは次走、10月11日(日)毎日王冠(G2)へ出走予定。鞍上:未定。


・グランデッツァ(牡6)
前走の七夕賞(G3)では、メンバーレベルは高くなかったが、実力通りの力を発揮して久々の勝利を?ぎ取ったグランデッツァは次走、10月11日(日)毎日王冠(G2)へ出走予定。鞍上:未定。


・デニムアンドルビー(牝5)
前走の宝塚記念(G1)ではスローペースの中、末脚勝負に徹して、切れ味抜群の脚を見せ2着を確保したデニムアンドルビーは次走、10月11日(日)毎日王冠(G2)へ出走予定。鞍上:未定。


・クラレント(牡6)
前走の安田記念(G1)では、低評価ながら時計勝負にも見事対応し、3着と健闘したクラレントは次走、10月11日(日)毎日王冠(G2)へ出走予定。鞍上:未定。


・スピルバーグ(牡6)
前走海外のプリンスオブウェールズでは、全能力を発揮できなかったのか、相手関係の分が悪かったのか、結果を残せなかったスピルバーグは次走、10月11日(日)毎日王冠(G2)へ出走予定。鞍上:未定。


・ディサイファ(牡6)
前走の札幌記念(G2)では、積極果敢なレースをしながら最後まで粘り通して逞しさを増しているディサイファは次走、10月11日(日)毎日王冠(G2)へ出走予定。鞍上:未定。


・ラブリーデイ(牡)
前走の宝塚記念(G1)では、ゴールドシップの大出遅れという珍事もあったが、前々でレースを運んで念願のG1制覇を果たしたラブリーデイは次走、10月12日(月)京都大賞典(G2)へ出走予定。鞍上:未定。


・ワンアンドオンリー(牡4)
3歳の菊花賞以降、古馬に混じってのレースで結果を出せていないワンアンドオンリーは次走、10月12日(月)京都大賞典(G2)へ出走予定。鞍上:ルメール騎手。


・カレンミロティック(セ7)
前走の宝塚記念(G1)ではいつもの位置取りでレースを進めることができず、13着と大敗を喫してしまったカレンミロティックは次走、10月12日(月)京都大賞典(G2)へ出走予定。鞍上:未定。


・キズナ(牡5)
天皇賞春(G1)では度重なる故障によって結果が出せなかったが、順調に回復している姿を見せているキズナは次走、11月1日(日)天皇賞秋(G1)へ出走予定。鞍上予定:武豊騎手。


・アドマイヤデウス(牡4)
春の上がり馬として注目されていたが、天皇賞春(G1)では15着と大敗を喫し、レース後に骨折が判明していたアドマイヤデウスは次走、11月1日(日)天皇賞秋(G1)へ出走予定。鞍上予定:岩田騎手。

【調教展望】札幌11R 札幌2歳S(G3)(2015年)

【調教展望】札幌11R キーンランドC(G3)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿