8月16日(日)札幌11R、ダート1700m

エルムSの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 フレイムコード 8/12 札ダ 84.5 - 68.0 - 52.8 - 38.9 - 12.9 馬也
2枠 2番 ヒラボクプリンス 8/12 函W 67.8 - 53.1 - 38.9 - 12.8 強め
3枠 3番 カチューシャ 8/12 札ダ 67.1 - 51.8 - 38.1 - 12.5 馬也
4枠 4番 ジェベルムーサ 8/12 函ダ - - 54.2 - 38.8 - 12.2 馬也
4枠 5番 グレープブランデー 8/12 札芝 68.0 - 52.5 - 37.2 - 12.0 強め
5枠 6番 ウルトラカイザー 8/12 門坂 - - - - 35.3 - 12.4
5枠 7番 アウヤンテプイ 8/13 門坂 - - - - 35.9 - 12.5
6枠 8番 エーシンモアオバー 8/12 札ダ 82.2 - 67.6 - 53.3 - 39.9 - 12.4 馬也
6枠 9番 マイネルバイカ 8/12 函W 71.6 - 55.2 - 41.3 - 13.2 馬也
7枠 10番 ゴールスキー 8/12 札ダ 69.6 - 55.8 - 41.9 - 12.6 一杯
7枠 11番 マルカフリート 8/12 札ダ 69.3 - 54.7 - 39.7 - 12.2 馬也
8枠 12番 クリノスターオー 8/12 函W 68.4 - 53.9 - 40.0 - 13.1 馬也
8枠 13番 ソロル 8/12 函W 68.2 - 53.9 - 39.5 - 13.2 一杯
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

ピックアップしたい馬は特段いない。

札幌や函館での調整は、好調教かどうかを見分けるのが難しいのもあるが調教内容を見る限り各馬遜色がないように感じる。

1頭気になるとすれば、マイナス面で10番ゴールスキーだ。

この馬は今回、長期の休養明けとなり、牧場で乗り込まれているとのことであるがコースでの時計があと1、2本は欲しい内容。

レースを見てみないと判らないが、個人的には完調一歩手前の状態であると思っている。

【調教展望】新潟11R 日本海S(2015年)

【調教展望】新潟11R 関屋記念(G3)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿