8月9日(日)小倉11R、芝2000m

小倉記念の調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 パッションダンス 8/5 栗坂 54.9 - 39.2 - 24.9 - 12.0 一杯
1枠 2番 オーシャンブルー 8/5 CW - - 53.6 - 39.9 - 12.2 強め
2枠 3番 ウインプリメーラ 8/5 栗坂 53.7 - 38.8 - 24.8 - 12.2 馬也
2枠 4番 ナリタスーパーワン 8/5 CW 81.0 - 65.3 - 50.3 - 37.1 - 12.8 馬也
3枠 5番 ベルーフ 8/5 CW 87.4 - 71.3 - 55.2 - 40.1 - 12.2 馬也
3枠 6番 マローブルー 8/6 小ダ - - 53.0 - 39.3 - 12.1 馬也
4枠 7番 ゲシュタルト 8/6 CW - - 49.8 - 36.5 - 12.4 一杯
4枠 8番 ノボリディアーナ 8/5 栗坂 52.2 - 38.2 - 25.8 - 13.8 強め
5枠 9番 フレージャパン 8/6 栗坂 50.1 - 37.1 - 24.9 - 12.8 一杯
5枠 10番 クランモンタナ 8/5 栗坂 51.1 - 37.3 - 24.8 - 12.7 一杯
6枠 11番 バッドボーイ 8/5 栗坂 55.3 - 39.7 - 25.3 - 12.6 強め
6枠 12番 マデイラ 8/5 DP 70.6 - 53.2 - 38.6 - 12.2 馬也
7枠 13番 メイショウナルト 8/6 小ダ 69.9 - 53.5 - 38.6 - 11.7 馬也
7枠 14番 タガノグランパ 8/5 CW 71.8 - 54.9 - 39.2 - 11.6 一杯
8枠 15番 アズマシャトル 8/5 CW 77.7 - 63.6 - 50.6 - 38.0 - 13.0 一杯
8枠 16番 ジャイアントリープ 8/5 CW 79.8 - 64.2 - 50.0 - 37.1 - 13.1 一杯
8枠 17番 ゼンノルジェロ 8/5 栗坂 52.3 - 38.5 - 25.5 - 13.0 強め
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:パッションダンス)
5月の新潟大賞典以来の出走となるが、暑い中も中間の乗り込みは非常に入念。
坂路とコースを併用し、しっかりと負荷を掛けながら調整されてきた。
1週前にはCWコースで6F78秒台の好時計。
今週は坂路コースで終い重点ながら、ラスト1Fは12.0秒と鋭い動きを見せた。
年齢は7歳だが、まだまだ衰えは感じさせない。
リフレッシュ効果に期待したい1頭だ。


(2枠3番:ウインプリメーラ)
2000mという距離で結果を残させていないが、1Fの踏ん張りが利くかどうかだろう。
前走後も特に変わらず坂路コース中心に時計を出されている。
3週連続終い重点の追い切りで、3週とも非常に良い動きを披露した。
引き続き良い状態をキープしての出走になることが想定される。
後はうまく輸送を乗り切ってくれるかどうか。
当日の馬体重には注意を払いたい。


(7枠13番:メイショウナルト)
早めに小倉に入って、2週前から小倉のダートコースで時計を出される。
このレースはこの馬にとって非常に相性の良いレースで、馬がこの時期を覚えているのかも知れない。
特段速い時計を出されている訳ではないが、前走後中3週ながら順調に調整できたことを評価したい。
ラスト1Fの伸びもいつもよりも時計が少し速いように感じられ、期待の掛かる1頭。
後は同型との兼ね合いだろうか。

【調教展望】新潟11R レパードS(G3)(2015年)

【予想 札幌11R 札幌日経オープン】上り馬よりも実績馬。休養明けもなんのその!

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿