レッドリヴェールが復活するかどうか。

注目したい日曜日の札幌のメインレースは「クイーンS(G3)」

出走頭数は10頭と寂しい感はあるけど、頭数が少ないだけに馬券の買い方はまた考えないといけない。

そんなことを想いつつ、さっそくクイーンSの予想をしていこう。


展開予想


まずは、どの馬が逃げそうなのかみておきたい。

前で競馬をしたいのが、3番ブランネージュ、4番ノットフォーマル、8番ショーナンバーキンあたりか。

特段ハナには拘らなさそうだが、スタートが順当であればノットフォーマルあたり行きそうな感じがする。

小回りコースということもあり、スローにはなりくいとは思われるけど、頭数が少ないだけに如何せん難しいところ。

距離が1800mということもあり、淀みない平均ペースの流れになると想定して進めたい。

前半3Fは35秒前後、走破時計は1分46秒前後くらいになるのではないだろうか。

洋芝ということもあり、前日のレースを見る限りやはり時計が掛かっている印象。


システマチック予想


展開予想の次は、各馬のポテンシャルと状態面をみておきたい。

まずは、状態面について。

休養明けの馬が多く見受けられ、北海道開催ということで、乗り込みの判断は非常に難しいところ。

人気のレッドリヴェールあたりは帰厩してからの本数が少ないが、時計の出し方からして放牧先で乗り込まれて来ているようだ。

外厩という考え方なのだろうが、その辺は情報の統制がもっと進んでくれたらいいと思う。

調教内容から特段良いと思った馬はいないが、逆に

・4番ノットフォーマル
・6番イリュミナンス
・9番ソロデビュー

の3頭あたりは乗り込み量的に後1本欲しい感があり、完調一歩手前であるとみたい。


続いてはポテンシャルの面について。

”少し時計の掛かる芝で平均ペースの決め手勝負になったとき、どの馬が台頭してくるのか”

という観点でみていきたい。


・1番フーラブライド
・2番レッドリヴェール
・5番フレイムコード
・6番イリュミナンス
・10番メイショウスザンナ

の5頭あたりが上位の決め手を持っているのではないか。


後は、状態面とポテンシャルの総合で軸馬を判断して、買い目を決めたい。

総合的に上位になったのは、

・2番レッドリヴェール
・5番フレイムコード


の2頭。

何が起こるか分からないから、軸を2頭にして、3連複で購入したいと思う。

買い目は以下の通り。

(3連複フォーメーション)
02, 05 - 01, 02, 05, 06, 10 - 01, 06, 10(9通り)


点数は多くできないからこんなところか。

一応どの組み合わせでもプラスにはなる。

あとは、的中するかどうか。


人気のレッドリヴェールに関しては、しっかりカイバを食べてふっくら馬体でレースをして欲しいと思う。

頑張れ! 祐一&ルメール!

【調教展望】札幌11R 札幌日経OP(2015年)

【調教展望】札幌11R クイーンS(G3)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿