8月2日(日)新潟11R、芝1000m

アイビスSDの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 アンゲネーム 7/29 美坂 60.8 - 42.6 - 26.9 - 13.5 馬也
2枠 2番 マコトナワラタナ 7/29 栗坂 51.4 - 37.2 - 24.8 - 12.5 馬也
3枠 3番 サフィロス 7/29 南W 82.0 - 65.4 - 50.9 - 37.9 - 12.8 強め
3枠 4番 フレイムヘイロー 7/29 美坂 54.1 - 39.5 - 26.1 - 13.1 一杯
4枠 5番 サカジロロイヤル 7/29 栗坂 52.7 - 38.2 - 24.6 - 12.3 一杯
4枠 6番 リトルゲルダ 7/29 栗坂 53.9 - 38.3 - 24.3 - 11.9 強め
5枠 7番 オースミイージー 7/29 栗坂 52.7 - 38.3 - 24.8 - 12.3 馬也
5枠 8番 ヘニーハウンド 7/29 栗坂 54.0 - 39.2 - 26.0 - 13.3 馬也
6枠 9番 シンボリディスコ 7/29 美坂 55.0 - 40.3 - 26.8 - 13.6 馬也
6枠 10番 エーシントップ 7/29 CW 80.0 - 64.5 - 50.5 - 37.8 - 12.4 一杯
7枠 11番 レンイングランド 7/30 栗坂 55.3 - 38.2 - 24.0 - 11.6 一杯
7枠 12番 アースソニック 7/29 栗坂 53.0 - 38.3 - 24.9 - 12.5 一杯
8枠 13番 ベルカント 7/29 栗坂 52.5 - 37.2 - 23.5 - 11.5 一杯
8枠 14番 セイコーライコウ 7/29 美坂 56.1 - 40.9 - 27.2 - 13.6 強め
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(2枠2番:マコトナワラタナ)
前走のCBC賞では、故障か何かと思われるような大敗振りだが、こうして出走してくる時点で何もなかったようだ。
調教内容を見る限り、非常に順調そうだ。
坂路中心に乗り込まれており、今週は馬なりで51秒台の好時計。
ラスト1Fも12.5秒と申し分なし。
力は発揮できる状態にあると判断したい。


(4枠5番:サカジロロイヤル)
7歳になるが、近走の成績を見る限り全然衰えのない結果を残している。
今回は2ヵ月間隔を開けての出走となるが、中間はしっかりと乗り込まれて調整されてきた。
先週は坂路で51秒台の時計をビッシリとやって出してきた。
今週は全体52秒台、ラスト1Fも12.3秒と申し分ない動き。
少し間隔を開けたときでも結果を残しているだけに、今回もリフレッシュ効果が窺えるだろう。
状態面から注目したい1頭だ。


(5枠7番:オースミイージー)
4ヵ月以上の間隔を開けての出走となるが、7月初旬から坂路コースでしっかりと乗られている。
先週は全体51秒台の時計を出しており、一杯に追われて仕上がり良好な状態をアピール。
今週は馬なりで全体52秒台、ラスト1F12.3秒と軽快な動きを見せた。
7歳で、しかも芝では結果を残していないが、今回はかなりいい状態で出走が適いそうだ。
取捨の難しい1頭になるのではないか。


(8枠13番:ベルカント)
前走は出走取り消しとなったが、取消後もすぐに乗り込みを開始されている。
仕切り直しの1戦となる訳だが、調整内容を見る限り、持っている力を存分に発揮してくれるのではないか。
先週は坂路コースで全体50秒台の好時計。
今週は終い重点ながら、全体52秒台、ラスト1F11.5秒と破格の時計を計時してきた。
調教は非常に動く馬ではあるが、これだけの時計が出せること自体、調子の良さの表れだろう。
後は直線勝負の競馬が合うかどうか、そこに尽きるだろう。

【調教展望】札幌11R クイーンS(G3)(2015年)

【調教展望】新潟11R 新潟競馬場開設50周年記念(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿