8月1日(土)新潟11R、芝2000m

新潟競馬場開設50周年記念の調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ピオネロ 7/29 CW 80.9 - 65.2 - 50.4 - 37.4 - 12.0 一杯
2枠 2番 シャドウダンサー 7/29 CW - - 54.9 - 39.5 - 11.8 一杯
3枠 3番 サンマルホーム 7/29 栗坂 58.7 - 40.8 - 25.2 - 12.1 一杯
4枠 4番 エーシンマックス 7/29 栗坂 54.7 - 38.7 - 24.7 - 12.4 一杯
4枠 5番 ダノンフェニックス 7/29 栗坂 54.4 - 39.4 - 26.0 - 13.2 馬也
5枠 6番 クロスボウ 7/29 南W 68.3 - 53.4 - 39.7 - 13.6 馬也
5枠 7番 ダイワリベラル 7/29 美坂 55.0 - 40.4 - 26.3 - 12.8 強め
6枠 8番 セキショウ 7/29 美P 68.2 - 52.3 - 38.0 - 11.9 馬也
6枠 9番 マイネルマーク 7/29 南W 69.9 - 55.5 - 41.8 - 13.5 馬也
7枠 10番 シャドウウィザード 7/29 美坂 56.6 - 40.4 - 25.6 - 12.5 馬也
7枠 11番 ブライトボーイ 7/29 北C 70.9 - 54.7 - 40.3 - 13.3 強め
8枠 12番 タイセイドリーム 7/29 栗坂 53.8 - 38.9 - 24.7 - 11.6 一杯
8枠 13番 ロンギングダンサー 7/29 美P 66.8 - 51.8 - 38.4 - 11.8 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(2枠2番:シャドウダンサー)
休養明けの前走は、仕上がり状態が悪かったとは思えないが、12着と力を発揮できなかった。
2走目となる今回は、調整内容が非常に入念で、しっかりと負荷も掛けられてきた。
中間は馬なり調整で、今週の最終追い切りでは終い重点ながらラスト1Fをみっちりと追い切った。
上りの速い勝負自体得意ではないかも知れないが、状態面の良さからは狙ってみたいところ。
現級勝ちがある点も大きなアドバンテージになることだろう。


(8枠12番:タイセイドリーム)
中1週と間隔が短い中、今週の調教では非常に抜群の動きを見せた。
坂路コースで終い重点ながら、ラスト1Fを11.6秒と非常に鋭い動き。
レースではスローの上がり勝負では結果を残せていないが、調教内容からは考えられない。
単純に暑くなって調子を上げるタイプかも知れないし、軽視は禁物だろう。
後は展開が噛み合えばといったところか。

【調教展望】新潟11R アイビスSD(G3)(2015年)

【調教展望】小倉11R KBC杯(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿