7月19日(日)函館11R、芝2000m

函館記念の調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ヤマカツエース 7/15 函芝 65.3 - 50.0 - 36.4 - 11.6 一杯
1枠 2番 サイモントルナーレ 7/15 函ダ 81.8 - 67.0 - 52.4 - 38.7 - 12.1 強め
2枠 3番 ハギノハイブリッド 7/16 函W - - 56.8 - 41.0 - 12.7 馬也
2枠 4番 エックスマーク 7/15 函芝 69.2 - 52.7 - 38.7 - 12.5 馬也
3枠 5番 ダービーフィズ 7/15 函W 67.9 - 52.6 - 39.0 - 12.7 馬也
3枠 6番 サトノプライマシー 7/16 函ダ 72.8 - 56.6 - 41.6 - 13.1 馬也
4枠 7番 ラブイズブーシェ 7/15 函W 65.3 - 50.8 - 38.0 - 12.9 強め
4枠 8番 アーデント 7/16 函W 71.4 - 56.4 - 41.4 - 13.5 馬也
5枠 9番 ホーカーテンペスト 7/16 函W 74.3 - 57.8 - 42.2 - 13.3 馬也
5枠 10番 リベルタス 7/15 函芝 68.8 - 52.3 - 38.3 - 12.5 馬也
6枠 11番 エアソミュール 7/15 函W 69.5 - 54.0 - 40.0 - 12.8 馬也
6枠 12番 デウスウルト 7/15 函W 68.6 - 52.1 - 38.0 - 12.7 強め
7枠 13番 レッドレイヴン 7/16 函W 73.8 - 57.5 - 42.1 - 13.4 馬也
7枠 14番 ヴァーゲンザイル 7/15 美坂 53.4 - 39.4 - 25.9 - 12.7 仕掛
8枠 15番 ツクバコガネオー 7/15 函ダ 66.8 - 52.2 - 38.3 - 12.1 強め
8枠 16番 マイネルミラノ 7/15 函W 71.4 - 54.0 - 39.2 - 12.7 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(3枠5番:ダービーフィズ)
前走の目黒記念では、少し力の足りなかった印象を残すが、昇級戦ながらある程度やれる力は見せた。
函館までの輸送がカギになるところだが、上手く輸送をクリアして、今週は函Wで軽快な動き。
併走馬に馬なりで先着しており、うまくいい状態を維持してレースを迎えられそうだ。
後は小回りコースがどうかといったところだろうか。


(6枠11番:エアソミュール)
前走の鳴尾記念ではこの馬にとってはおあつらえ向きのペースに思えたが、勝馬に離された結果になった。
ある程度仕上がっていただけに大きな上積みはないだろうが、レース後も入念に調整されている。
函館に入ってからもゆったり時計ながら3本乗り込まれており、順調さをアピール。
前走の敗因が年齢的な衰えではないことを願いたいところ。


(6枠12番:デウスウルト)
近走は少し間隔を開けてレースに出走されてる時もいい成績を残している。
今回中9週になるが、乗り込み量に不足はない。
今週は函Wコースで軽めだが、12日の日曜日にも乗られているので問題ないだろう。
ここ2走はだらしない結果だが、一息入れてリフレッシュ効果を見込みたいところ。
小回りコースがプラスに出るとは思えないが、力量的にはここでも上位の存在だろう。
状態面からは推したい1頭だ。


(8枠15番:ツクバコガネオー)
ほとんどダートレースばかり使われているが、今回は芝に挑戦。
2走前にはオープンクラスのレースだったが芝でも目処の立つレースをしている。
ただ、脚質的に小回りコースというのはプラスにはならないだろう。
前走時は調教内容から状態面が良さそうだと思われたが、今回も引き続き維持しての出走となりそうだ。
思い切った騎乗が見られれば、大掛けがあっても良い馬だろう。

【調教展望】中京11R 桶狭間S(2015年)

【調教展望】中京11R マレーシアC(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿