7月12日(日)中京11R、ダート1400m

プロキオンSの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 キョウワダッフィー 7/8 栗坂 52.7 - 38.4 - 24.8 - 12.3 強め
1枠 2番 ベストウォーリア 7/8 栗坂 52.1 - 37.5 - 24.6 - 12.3 一杯
2枠 3番 キクノストーム 7/8 栗坂 55.5 - 38.8 - 24.7 - 12.1 強め
2枠 4番 タガノトネール 7/8 栗坂 53.5 - 38.8 - 24.5 - 12.1 馬也
3枠 5番 レッドアルヴィス 7/8 栗坂 54.0 - 39.2 - 25.5 - 12.6 一杯
3枠 6番 コーリンベリー 7/8 栗坂 53.5 - 38.7 - 24.8 - 12.4 馬也
4枠 7番 サマリーズ 7/8 DP 83.4 - 66.6 - 51.9 - 38.3 - 11.4 馬也
4枠 8番 アドマイヤロイヤル 7/8 栗坂 52.7 - 38.3 - 25.0 - 12.4 一杯
5枠 9番 キョウエイアシュラ 7/8 栗坂 52.9 - 38.6 - 25.3 - 12.9 一杯
5枠 10番 ジョーメテオ 7/8 浦和 67.9 - 52.6 - 38.4 - 12.5 馬也
6枠 11番 アドマイヤサガス 7/8 栗坂 52.2 - 37.9 - 24.4 - 12.2 馬也
6枠 12番 エアハリファ 7/8 CW 69.1 - 53.0 - 38.5 - 12.1 馬也
7枠 13番 マルカバッケン 7/8 栗坂 60.3 - 43.1 - 27.3 - 12.8 馬也
7枠 14番 ワイドバッハ 7/8 栗坂 54.1 - 38.4 - 25.3 - 12.8 一杯
8枠 15番 ドリームバレンチノ 7/8 栗坂 51.9 - 37.3 - 24.3 - 12.3 一杯
8枠 16番 グレープブランデー 7/8 栗坂 54.8 - 39.4 - 24.9 - 12.1 一杯
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:キョウワダッフィー)
前走は休養明けであと1歩及ばなかった。
レース後も順調に乗り込まれており、多少なりとも上積みが見込める状態で出走が適いそうだ。
今週は坂路コースで全体52秒台、ラスト1F12.3秒と文句なしの動き。
メンバーが前走よりも強くなるが、昨年2着の実績はここでも胸を張れるのではないか。


(2枠4番:タガノトネール)
休養明けの前走を快勝して、まだまだ成長している感じを見せている。
レース後も順調そうで、今週の坂路調教では終い重点ながらラスト1Fを12.1秒を馬なりで。
今が絶好調でアピールしているかのよう。
重賞初挑戦で力関係がまだ未知なる部分ながら、コース替わりはプラスにでそう。


(6枠11番:アドマイヤサガス)
昨年の夏以降、全然結果を残せていない状態で年齢的な衰えを感じさせる。
ただ、休養明けの前走を叩いてこの中間は絶好調な動きを見せている。
前週は坂路コースで全体51.3秒、今週は全体52.2秒、ラスト1Fを12.2秒を馬なりで叩きだす。
後は馬の持っている潜在能力を呼び起こせるかに尽きるだろう。

【コラム】もしかして、 調教時計の見方、勘違いしていませんか?

【調教展望】福島11R 七夕賞(G3)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿