夏に1走挟むのか、秋まで備えるのか、有力馬達の次走は?

JBCクラシック連覇を狙うホッコータルマエ
(JBCクラシック連覇を狙うホッコータルマエ)


・ホッコータルマエ(牡6)
帝王賞を制してG1競走9勝目を飾ったホッコータルマエは次走、11月3日(火)JBCクラシック(G1)へ出走予定。


・ヒットザターゲット(牡7)
目黒記念(G2)では往年の差し脚を発揮して復活を果たしたヒットザターゲットは次走、8月23日(日)札幌記念(G2)へ出走予定。


・ストレイトガール(牝6)
ヴィクトリアマイル(G1)では、速い時計勝負の中、1頭だけ力強い差し脚を見せて勝利したストレイトガールは次走、9月13日(日)セントイウルS(G2)へ出走予定。


・コパノリチャード(牡5)
前走の函館スプリントS(G3)ではまったく良いところを見せれずに14着に大敗したコパノリチャードは次走、10月4日(日)スプリンターズS(G1)へ出走予定。


・ミッキーアイル(牡4)
前走の安田記念(G1)では、力及ばず15着に大敗してしまったミッキーアイルは次走、10月4日(日)スプリンターズS(G1)へ出走予定。


・ディサイファ(牡6)
前走のエプソムC(G3)では、あと1歩及ばず3着だったディサイファは次走、8月23日(日)札幌記念(G2)へ出走予定。


・トーホウジャッカル(牡4)
長期休養明けの宝塚記念では、無事に完走を果たし4着と力をあるところを見せたトーホウジャッカルは次走、8月23日(日)札幌記念(G2)へ出走予定。


・ルージュバック(牝3)
オークスでは桜花賞の巻き返しを図ったが、2着とあと1歩及ばなかったルージュバックは次走、8月23日(日)札幌記念(G2)へ出走予定。


・マリアライト(牝4)
重賞初挑戦の前走の昇級戦では外々を回りながらも2着と力のあるところを見せたマリアライトは次走、9月27日(日)産経オールカマー(G2)へ出走予定。


・アンビシャス(牡3)
前走のラジオNIKKEI賞(G3)では、小回りコースで3馬身半差をつける圧勝劇を演じたアンビシャスは次走、10月11日(日)毎日王冠(G2)へ出走予定。

【調教展望】中京11R 豊明S(2015年)

【調教展望】中京11R CBC賞(G3)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿