7月5日(日)福島11R、芝1800m

ラジオNIKKEI賞の調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 アクセラレート 7/1 栗坂 55.0 - 40.7 - 26.6 - 13.2 一杯
1枠 2番 ホワイトウインド 7/1 美P - - 61.0 - 45.9 - 14.8 馬也
2枠 3番 アンビシャス 7/1 栗坂 53.4 - 38.5 - 24.9 - 12.5 一杯
2枠 4番 ナヴィオン 7/1 栗坂 54.3 - 39.2 - 25.6 - 12.9 馬也
3枠 5番 レアリスタ 7/2 南W - - 55.9 - 41.1 - 13.3 馬也
3枠 6番 マルターズアポジー 7/1 南W 68.6 - 52.9 - 38.6 - 12.3 馬也
4枠 7番 アッシュゴールド 7/1 CW - - 55.8 - 40.0 - 12.6 仕掛
4枠 8番 ストレンジクォーク 7/1 美P 65.5 - 50.2 - 36.9 - 11.7 仕掛
5枠 9番 マイネルシュバリエ 7/1 美P 66.7 - 52.2 - 38.8 - 12.3 馬也
5枠 10番 グリュイエール 7/1 CW 65.9 - 51.2 - 37.4 - 12.0 馬也
6枠 11番 グランアルマダ 7/1 栗坂 54.8 - 39.4 - 25.3 - 12.4 一杯
6枠 12番 ミュゼゴースト 7/1 南W - - 52.3 - 38.6 - 13.0 馬也
7枠 13番 ストリートキャップ 7/1 南W 69.5 - 54.4 - 40.1 - 12.7 強め
7枠 14番 ブランドベルグ 7/1 栗坂 54.5 - 39.5 - 25.2 - 12.6 強め
8枠 15番 キャンベルジュニア 7/2 南W - - 55.9 - 41.1 - 13.3 馬也
8枠 16番 ロジチャリス 7/1 南W - - 51.7 - 37.5 - 12.4 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(2枠4番:ナヴィオン)
約3ヵ月の間隔を開けての出走となるが、この点が一番の争点。
吉と出るか、凶と出るかはやってみないと分からない。
ただ、この中間は坂路中心に乗り込まれており、終いまでしっかりと動けている。
いつもはラスト1Fの時計を要する傾向にあったが、今回は解消されている。
先週一杯に追われて、今週は馬なり調整。
まさに鉄板パターンで、リフレッシュ効果が大いに期待できそうだ。


(4枠8番:ストレンジクォーク)
前走はスローペースに馬自体制御できない形となり力を発揮できなかったが、間隔を開けてきたことは良い傾向だろう。
今回は距離短縮と小回りコースに代わり、折り合い面についての心配は解消されるのではないか。
2週連続でポリトラックで水準の時計を出しており、仕上がり面は良さそうだ。
今週は古馬に先着もしており、いい感じで闘争心が涌いていることだろう。
リフレッシュ効果に期待したい。


(5枠10番:グリュイエール)
調教は動く馬ではあるが、ずっと調教では負荷を掛けられている。
馬なりや仕掛けただけで好時計を出せるあたり、心肺機能が優れている証拠だろう。
レースでは折り合いを欠く面が多く見られ、調教の良さがレースでは発揮されていない。
前走あたりから改善傾向が見られており、成長面の成長が試される1戦となりそうだ。
調教内容から状態面は非常に良好そうだ。
期待したい1頭だ。


(6枠12番:ミュゼゴースト)
年明けから5戦使われており、好調期間の長い馬のようだ。
複勝圏を外しれおらず、馬が1戦1戦成長しているような感じだ。
1週前の追い切りでは南Wコースで5F66秒と一杯に追われており、馬も良い動きを見せている。
今週は軽め調整だが、元々仕上がっているだけに、うまくいい状態を保って出走ができることだろう。
後は、ハイペースの経験がないだけに、ペースが速くなった時にどのように馬が対応できるかが課題か。


(8枠16番:ロジチャリス)
長期休養明けの前走を快勝するあたり、能力面で非凡な感じを窺わせた。
中1週と間隔が詰まっての出走となるが、今週は終い重点ながらしっかりと乗られている。
馬なりでラスト1F12.4秒と鋭い動き。
増々好調と判断できそうだ。
大外枠だけに、闘争心むき出しにならずにうまく折り合いをつけてレースができるかが気になるところだ。

【調教展望】中京11R CBC賞(G3)(2015年)

【調教展望】中京11R 白川郷S(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿