6月21日(日)函館11R、芝1200m

函館スプリントSの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 フギン 6/17 函W 66.7 - 52.2 - 38.6 - 13.0 馬也
1枠 2番 メイショウイザヨイ 6/11 栗坂 53.5 - 38.8 - 25.2 - 12.2 馬也
2枠 3番 アンバルブライベン 6/18 函芝 - - 53.5 - 39.1 - 12.2 馬也
2枠 4番 ヒラボクプリンス 6/18 函W 72.9 - 56.5 - 40.7 - 12.5 一杯
3枠 5番 エーシントップ 6/17 函芝 65.5 - 50.5 - 37.0 - 11.8 強め
3枠 6番 ローブティサージュ 6/17 函芝 - - 49.1 - 36.1 - 11.7 馬也
4枠 7番 コパノリチャード 6/18 函W 68.6 - 53.1 - 38.7 - 12.5 一杯
4枠 8番 タガノアザガル 6/18 函W - - 60.7 - 44.5 - 13.9 馬也
5枠 9番 ティーハーフ 6/17 函W 68.6 - 54.0 - 39.4 - 12.4 馬也
5枠 10番 サトノデプロマット 6/18 函W - - 53.0 - 39.1 - 12.5 馬也
6枠 11番 セイコーライコウ 6/17 美坂 57.9 - 43.1 - 28.1 - 13.0 強め
6枠 12番 マジンプロスパー 6/17 函W 65.1 - 51.3 - 38.0 - 13.2 強め
7枠 13番 レンイングランド 6/17 函W 67.5 - 52.1 - 38.3 - 12.7 強め
7枠 14番 スギノエンデバー 6/17 函W - - 52.7 - 37.9 - 12.4 馬也
8枠 15番 クールホタルビ 6/17 函W - - 57.0 - 42.5 - 13.0 馬也
8枠 16番 アースソニック 6/18 函W 70.5 - 55.3 - 39.9 - 13.8 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(5枠9番:ティーハーフ)
現在2連勝中と絶好調な同馬。
函館は2歳時に走って以来となるが、経験済みのコースであれば問題はないだろう。
前走後も調整は順調で、今週は函館Wコースで追い切り。
ラストの反応を確かめる内容で、しっかり反応を示している。
好調をしっかりと維持しており、レースでも力を発揮できる出来だろう。


(5枠10番:サトノデプロマット)
約2ヵ月の間隔を開けての出走となるが、しっかりと乗り込まれている。
栗東にいるときはしっかりとCWコースで乗り込まれており、1週前は6F78秒台の好時計。
今週は函館Wコースで終い重点の追い切り。
輸送後も順調にいってると思われ、レースでは力を発揮できる状態にあるだろう。
リフレッシュ効果に期待したい1頭だ。


その他の馬について、気になる馬は、2番メイショウイザヨイ。
函館に輸送後に時計になるところを乗り込まれていない。
この点、少し気になるところでマイナスに捉えても良さそうだ。
後は、6番ローブティサージュ。
2ヵ月以上間隔を開けての出走となるが、主に乗り込まれてきたのは放牧先。
函館で時計を出されたのは今週のみ。
どれだけ強い追切りがされてきたのかが不明で、今回はどの程度の仕上がりになっているか判断が難しい。


【調教展望】東京11R ユニコーンS(G3)(2015年)

【調教展望】阪神11R 天保山S(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿