6月6日(土)阪神11R、芝2000m

鳴尾記念の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 グランデッツァ 6/3 栗坂 53.0 - 37.8 - 24.5 - 12.4 馬也
2枠 2番 レッドデイヴィス 6/3 栗坂 52.3 - 38.5 - 25.4 - 12.8 馬也
3枠 3番 エアソミュール 6/3 CW 70.4 - 54.4 - 40.3 - 12.7 馬也
4枠 4番 アズマシャトル 6/3 DP 79.5 - 64.8 - 49.5 - 35.4 - 11.5 馬也
5枠 5番 トウケイヘイロー 6/3 CW 83.6 - 68.0 - 53.5 - 39.9 - 12.6 馬也
6枠 6番 マジェスティハーツ 6/3 CW 82.0 - 65.8 - 51.3 - 38.0 - 12.1 馬也
6枠 7番 クランモンタナ 6/3 栗坂 52.8 - 39.0 - 25.8 - 13.3 一杯
7枠 8番 メイショウナルト 6/3 CW 82.5 - 65.9 - 51.7 - 38.2 - 13.1 一杯
7枠 9番 エーティータラント 6/3 CW 83.8 - 67.8 - 53.4 - 39.9 - 12.2 一杯
8枠 10番 ラブリーデイ 6/3 CW - - 54.7 - 39.9 - 12.3 馬也
8枠 11番 マックスドリーム 6/3 栗坂 52.6 - 38.4 - 25.6 - 13.2 一杯
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:グランデッツァ)
休養明けの前走を叩いてからも順調そのもの。
今週は坂路コースで全体53.0秒、ラスト1F12.4秒と軽快な動き。
前走はこの馬が好きなペースだったように思われ、全力を出し切るレースをしたように思う。
上積みという点ではそこまで大きくはないだろうが、このメンバーであれば力は上位。
前目に着きたい馬も多く、展開面もこの馬にとっては理想的な流れになるのではないか。


(3枠3番:エアソミュール)
角居流と言わんばかりの独特な調整スタイル。
前走の産経大阪杯から約2ヵ月間隔を開けての出走となる。
中間の乗り込みは入念で、特段速い時計を出している訳ではないが、馬なり調整でこの馬のペースで調整されている点が好感を持てる。
この馬自身、間隔を開けて出走した時の方が圧倒的に良い成績を残しており、今回もリフレッシュ効果を見込んでの出走となるだろう。


(5枠5番:トウケイヘイロー)
昨年の札幌記念以来の出走となるが、調整内容を見るとかなり乗り込まれている。
約500キロの大型馬で長期休養がどう出るかか分からないが、調整過程は順調に思われる。
先週はCWコースで一杯に追い切られており、今週は終い重点の鉄板パターン。
開幕週の馬場も味方につけ、リフレッシュ効果を期待したいところ。
ただ、当日の馬体重には注意が必要だろう。


(8枠10番:ラブリーデイ)
今年は5戦目と疲れが心配されるところだが、調整内容を見るとそんな気配は感じられない。
前走の天皇賞春でも勝馬から0.5秒差とこの馬の精神力の強さが垣間見られた。
今週はCWコースで終いの反応を確かめる内容。
ラスト1F12.3秒としっかりと反応した動きを見せ、状態面は引き続き好調そうだ。
近走戦ってきた相手を考えると、ここでは胸を張れるのではないだろうか。

【調教展望】東京11R 安田記念(G1)(2015年)

名馬ベスト50をランキング形式で紹介する

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿