ドゥラメンテの圧勝劇にはただただ驚くばかりの日本ダービーが終了した。

やっぱり強い馬は条件に関係なく強い!

そう思わせてくれた。

外枠不利という条件も終わってみれば杞憂に過ぎなかった。

今週はマイル戦の古馬最高峰のレース「安田記念(G1)」。

マイル路線は強い馬は多いが、抜けた存在も見当たらない。

上がり馬がこのレースも勝利で飾るのか、それとも実績馬がその勢いを断ち切るのか、過去の勝馬データから占ってみたい。


2014年優勝馬 ジャスタウェイ
(2014年優勝馬:ジャスタウェイ)

過去10年のダービー(G1)の勝馬データ

※ダービー(G1)・・・(東京)芝2400m
【過去10年の勝ち時計とペース】
開催年 勝馬 タイム 馬場 ペース
2014年 ジャスタウェイ 1:36.8 H(ハイ)
2013年 ロードカナロア 1:31.5 M(平均)
2012年 ストロングリターン 1:31.3 H(ハイ)
2011年 リアルインパクト 1:32.0 H(ハイ)
2010年 ショウワモダン 1:31.7 H(ハイ)
2009年 ウオッカ 1:33.5 H(ハイ)
2008年 ウオッカ 1:32.7 M(平均)
2007年 ダイワメジャー 1:32.3 M(平均)
2006年 ブリッシュラック 1:32.6 M(平均)
2005年 アサクサデンエン 1:32.3 M(平均)

昨年は不良馬場の中、ジャスタウェイが底力を見せて快勝したが、それ以外の年は良馬場で行われている。
1つの特徴としては、古馬最高峰のマイル戦ということもあり、時計が速くなる傾向にあるということ。
2015年の馬場は非常に良いため、恐らく快速決着になることは免れないだろう。
過去10年ではスローペースになっておらず、2015年もハイペースか平均ペースのどちらかになることが想定される。
展開の見極めは非常に重要なだけに、慎重に検討したいファクターだ。


【人気】
・1番人気 3頭
・2番人気 3頭
・3番人気 1頭
・7番人気 1頭
・8番人気 1頭
・9番人気 1頭

1番人気は3頭だけとそんなに信頼のおけるデータではない。
ただ、2014年のジャスタウェイと2009年のウオッカは単勝1倍台のオッズで勝利している。
単勝1倍台くらい信頼の高い馬であれば、素直に1番人気を信頼しても問題ないと思われる。
ただ、外国馬を除いて共通して言えることは、人気の有無に拘わらずみな速い持ち時計を持っていた、ということ。
2015年も速い持ち時計を持っていることが前提となるのではないか。


【性別】
・牡馬 8頭
・牝馬 2頭

ウオッカが2勝しているため、牝馬が2頭ということになっている。
出走頭数の割合から考えれば、特に牝馬が劣性ということはない。


【年齢】
・3歳 1頭
・4歳 1頭
・5歳 3頭
・6歳 4頭
・7歳 1頭

年齢層は幅広い。
3歳馬や7歳馬が勝利しているように、とにかく状態の良さそうな馬を狙うべきだろう。
年齢は特に気にする必要はなさそうだ。


【ローテーション】
・休養明け 3頭
・叩き2走目 1頭
・使い詰め 6頭

ローテーションを見ると、バラバラと言って良いのではないか。
強いて言えば、休養明けの馬が3頭おり、リフレッシュ効果を狙って出走させてくる陣営には要注意といったところだろう。


【前走の着順】
・1着 6頭
・2着 1頭
・3着 2頭
・4着 1頭

大きな特徴が出ている。
一番負けていた4着の馬でも勝馬から2馬身以内の着差だった。
前走で大負けしていた馬は、多少割引が必要と捉えたい。


【前走の格】
・G1 7頭(内海外2頭)
・G2 2頭
・G3 0頭
・OP 1頭

前走がオープン特別から勝利したのは2010年のショウワモダン。
ただこの年の出走メンバーのレベルが低かったということもあり、例外的だと捉えたい。
2015年はそれなりに高いレベルの馬達が登録しており、データ面からは前走はG1かG2を使っていた馬に限りたいところ。


【脚質】
・逃げ 0頭
・先行 3頭
・差し 7頭
・追込 0頭

脚質面を見てみると、過去10年では逃げ切り、追込の馬はいない。
やはり直線の長い東京コースということもあり、逃げ馬にとっては非常に過酷な条件だと思っていいだろう。
逆に時計勝負となりやすい馬場状態だけに、前がなかなか止まり難いと追込み一辺倒も決まりにくいのだろう。


【枠順】
・1枠 1頭
・2枠 3頭
・3枠 1頭
・4枠 1頭
・5枠 2頭
・6枠 0頭
・7枠 1頭
・8枠 1頭

枠順は万遍なく勝馬が出ている。
特に気にする必要はないということだろう。


【種牡馬データ:勝率(1着)】
・1位 ディープインパクト(13.4%)
・2位 ダイワメジャー(12.1%)
・3位 シンボリクリスエス(10.6%)

【種牡馬データ:複勝率(3着以内)】
・1位 ディープインパクト(30.9%)
・2位 シンボリクリスエス(26.5%)
・3位 ダイワメジャー(25.5%)

※データは安田記念登録馬による過去3年強の東京芝1600mの種牡馬実績
※最低出走回数は10回以上の種牡馬が対象

勝率、複勝率ともに種牡馬の入れ替わりはない。
ただ、勝率であれば20%越え、複勝率であれば、40%越えあたりから信頼度があると思われる。
正直このデータはあくまで参考程度に留めたいデータ。


(まとめ)
いかがだったでしょうか。

2015年は出走登録馬を見ると、モーリスやミッキーアイル、フィエロやヴァンセンヌなど混戦ムードが漂っています。

展開1つで着順が入れ替わりそうなメンバー構成になりそうなだけに、慎重さが問われそうです。


データ面からは前走で大きく負けていた馬や、速い持ち時計のない馬はバッサリいきたいところですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

名馬ベスト50をランキング形式で紹介する

【予想 東京10R 日本ダービー(G1)】良馬場発表なら、素直に内で折り合える馬に妙味ありとみる!

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿