5月16日(土)京都11R、芝1800m

都大路Sの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 マウントシャスタ 5/13 CW - - 54.5 - 40.5 - 12.3 一杯
2枠 2番 エイシンヒカリ 5/13 CW 80.1 - 63.9 - 49.4 - 36.5 - 12.1 強め
3枠 3番 タガノグランパ 5/13 CW 70.9 - 55.3 - 39.5 - 12.2 一杯
4枠 4番 シャイニーガール 5/13 栗坂 55.8 - 40.5 - 26.1 - 13.1 一杯
4枠 5番 マックスドリーム 5/13 栗坂 55.5 - 40.5 - 26.1 - 13.0 一杯
5枠 6番 ハナノシンノスケ 5/13 CW 82.1 - 66.6 - 52.0 - 38.7 - 12.3 一杯
5枠 7番 タマモトッププレイ 5/13 CW 82.1 - 67.4 - 52.0 - 38.4 - 12.5 一杯
6枠 8番 サングレアル 5/13 CW 81.8 - 66.4 - 52.4 - 38.9 - 12.8 一杯
6枠 9番 マジェスティハーツ 5/13 CW 79.6 - 64.3 - 50.3 - 37.4 - 12.6 一杯
7枠 10番 コスモソーンパーク 5/13 南W 68.3 - 53.4 - 39.6 - 12.8 馬也
7枠 11番 グランデッツァ 5/13 栗坂 51.1 - 37.7 - 25.0 - 13.1 一杯
8枠 12番 アドマイヤギャラン 5/13 栗坂 54.5 - 39.3 - 25.6 - 13.3 一杯
8枠 13番 カルドブレッサ 5/12 CW - - 59.7 - 44.1 - 12.5 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(2枠2番:エイシンヒカリ)
前走のチャレンジC(G3)から約5ヵ月振りの間を開けての出走。
この馬の場合、レースで気分よく行けるかどうかで決まってしまう感じを受ける。
中間の調教では坂路とCWコースを織り交ぜながら時計が出されている。
ラスト1Fの時計を多少要する馬だったが、この中間の時計はラスト1Fも速い時計でしっかりと動けている。
この休んだ期間で心身ともにリフレッシュが完了しただろうか。
非常に楽しみな1戦。


(7枠10番:コスモソーンパーク)
前走のダービー卿は時計の速い決着がこの馬には合わなかったか。
しかし、この中間はしっかりと立て直され1週前には南Wコースで好時計。
今週は軽めの調整でレースでは力を発揮できる状態を維持しているだろう。
後はうまく流れに乗れるかどうかだろう。

【予想 東京11R 京王杯SC(G2)】ダイワマッジョーレは危険な人気馬? 絶好調馬の勢いに乗っかれ!

【調教展望】東京11R 京王杯スプリングC(G2)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿