ヴィクトリアマイル(G1)へ向けての乙女たちの熱き戦い「福島牝馬S(G3)」を予想していきたい。

週末は天気予報では晴れということで、良馬場で行われそうなのが何より。

出走馬は16頭で、力の拮抗した混戦メンバーのような感じで予想は難解そうだ。

早速展開面から紐解いていけたらと思う。

展開予想


先週のレース結果を見る限り、芝の時計はまだまだ出る感じ。

速いペースの展開になればそれなりの時計が出ると考えて想定をしていきたい。

逃げそうなのは、8番ミナレット、9番バーバラ、11番ペイシャフェリスと揃った感じ。

ペイシャフェリスは前走逃げれずに結果が出なかっただけに、今回は多少強引に行く可能性もある。

ペースは少し速めの平均ペースになるのではないかと想定しておきたい。


全体の走破時計は1分47秒前後、ラスト3Fは35秒5前後になるのではないか。

展開の予想はこんな感じ。


システマチック予想


後は、全頭の状態とポテンシャル面の比較を行って軸馬を決めていきたい。

まずは、状態面についてみていくと、調教内容が良いと思われるのは

・3番ウエスタンメルシー
・11番ペイシャフェリス

の2頭が良いと思われた。


続いてはポテンシャル面についてみていくと、少し速めの平均ペースで決め手が活かせそうなのは、

・2番ブランネージュ
・5番ケイティバローズ
・6番スイートサルサ
・16番パワースポット

の4頭あたりかと。

後は、斤量面など総合的に評価すると、

・5番ケイティバローズ
・16番パワースポット

の2頭が軸馬候補に残った。

2頭とも騎手の乗り代わりがあり、特にケイティバローズの方は古川騎手が初騎乗ということで、少し不安材料が残る。

パワースポットの方は横山典弘騎手が久々に騎乗することになるが、特に不安は感じられない。

そういった面も含めて軸馬は


16番:パワースポット

に決定!


パワースポットを軸に3連複で馬券を購入したいと思う。

(3連複フォーメーション)
16 - 02, 04, 05, 06, 13 - 01, 02, 03, 04, 05, 06, 10, 13, 14(30通り)


相手候補も決め手を活かせそうな馬が中心。

別定戦ということもあり、昇級戦の馬はそれなりに強い勝ち方をしてきた馬でないとここでは通用しないと思われる。

オッズは割れているだけに、良い組み合わせで的中できたらと思う。


パワースポットは近走、末脚を確実に繰り出しているが、小回りコースの福島競馬場だけど仕掛け処が難しい様に感じる。

しかし、そこは折り合いに定評が高い横山典騎手の手腕に期待したいと思う。


道中は最後方くらいから競馬を進めるだろうが、どこら辺から仕掛けていくのかドキドキしながら観たいと思う。

がんばれ! 典ちゃん!

【調教展望】東京11R フローラS(2015年)

【調教展望】福島11R 福島牝馬S(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿