土曜日の阪神競馬のメインレースは「アンタレスS(G3)」。

今は地方競馬で重賞競走が拡散していてなかなか中央の競馬場でのグレードレースが少ないように思う。

逆に言えば、中央のコースで力と力のぶつかり合いは非常に見物。

日本で力をつけて毎年ドバイとか海外のビッグレースに名を連ねられるような馬が出てくることを願いたい。

それでは早速予想をしていこう!


展開予想


出走メンバーを見渡すと、先行脚質の馬が多いと思う。

その中でも13番クリノスターオー、15番ポアゾンブラック、16番アスカノロマンあたりがハナを主張するとみたい。

距離的な面を考慮して15番ポアゾンブラックあたりがハナを切りそうな感じがするがペースはそれほど速くはならないではないかと思う。


走破時計はどれくらいになるだろうか。

馬場状態にもよるが、良馬場に近い稍重として想定すると、1分50秒前後くらいになると想定しておこう。

上がり3Fは36.5秒くらいになるのではないか。


先行勢が多いメンバー構成だけにロングスパートをしそうな馬がいそうなのが展開予想の難しいところ・・・


システマチック予想


展開の想定が済んだところで、後は各馬の力量比較をしていこう。

見る観点は、状態面、決め手、斤量を重視している。


まずは状態面。

これだけのレベルのメンバーだけに、調教内容をみても中途半端な状態で調整されている馬はいないように感じる。

各馬レースでは力を発揮できる状態にあるとみたい。


続いては決め手と斤量面。

平均ペースで斤量面を加味しながら決め手の鋭い馬をピックアップしてみたいと思う。

・4番ナムラビクター
・13番クリノスターオー
・16番アスカノロマン

の3頭が上位かなと思われた。

ワイドバッハとかはハイペースで折り合いがついたときに力を発揮するタイプと思われ、今回の1800mというのと平均ペースになりそうなのは、この馬にとって決してプラス材料ではないだろう。


後は全体的な総合力で見て最上位の馬を軸馬にして馬券を購入しようと思う。

最上位にピックアップされたのは

・2枠4番:ナムラビクター

になった。

この馬を軸に馬券は3連複で購入したいと思う。


(3連複フォーメーション)
04 - 11, 12, 13, 14, 16 - 03, 07, 08, 10, 11, 12, 13, 14, 16(30通り)



ナムラビクターは前走の東海S(G2)は決してこの馬の得意なペースではない中、コパノリッキー1頭を相手に絞ったレースをしていた。

コパノリッキーの得意な展開の中ガチンコ勝負で挑んで負けた結果だけに、特に悲観する内容ではないと思う。

仕切り直しのレースで、上りの掛かる中京よりも多少上がりの速い阪神の方がこの馬の力を発揮できる舞台だろう。


鞍上がミルコに変わって新たな一面がでるかどうかも楽しみなところ。

レースを楽しみにしたいと思う。

がんばれ! ミルコ!

【調教展望】中山11R 皐月賞(G1)(2015年)

【調教展望】阪神11R アンタレスS(G3)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿