4月5日(日)中山11R、芝1600m

ダービー卿チャレンジトロフィーの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 カオスモス 4/1 栗坂 51.5 - 37.8 - 24.6 - 12.1 馬也
1枠 2番 マイネルメリエンダ 4/1 美坂 54.9 - 39.7 - 25.9 - 13.1 馬也
2枠 3番 シャイニープリンス 4/1 南W 83.9 - 67.5 - 52.5 - 39.1 - 12.4 仕掛
2枠 4番 インパルスヒーロー 4/1 南W 67.4 - 52.1 - 37.3 - 12.6 強め
3枠 5番 フラアンジェリコ 4/1 南W 68.6 - 53.3 - 38.9 - 12.4 仕掛
3枠 6番 コスモソーンパーク 4/1 南W 84.4 - 68.2 - 52.0 - 38.9 - 12.4 馬也
4枠 7番 タガノブルグ 4/1 栗坂 51.3 - 37.6 - 24.9 - 12.6 一杯
4枠 8番 ラインスピリット 4/1 栗坂 53.8 - 39.0 - 25.5 - 12.6 馬也
5枠 9番 クラリティシチー 4/1 南W 66.5 - 50.7 - 37.2 - 12.4 強め
5枠 10番 モーリス 4/2 南W - - 54.8 - 40.2 - 12.7 馬也
6枠 11番 ウインマーレライ 4/1 南W 67.8 - 52.0 - 37.8 - 12.5 馬也
6枠 12番 エキストラエンド 4/1 栗坂 54.4 - 39.8 - 25.7 - 12.6 一杯
7枠 13番 ブレイズアトレイル 4/1 CW 85.3 - 68.9 - 52.5 - 37.7 - 11.6 一杯
7枠 14番 インプレスウィナー 4/1 南W 71.2 - 54.9 - 40.7 - 13.0 馬也
8枠 15番 アーデント 4/1 南W 66.9 - 51.2 - 36.9 - 12.5 強め
8枠 16番 クラレント 4/1 栗坂 54.4 - 39.8 - 25.6 - 13.0 一杯

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:カオスモス)
約2ヵ月間隔を開けての出走となる。
前走のシルクロードSは忙し過ぎた感がある。
今回は適距離に戻って、仕切り直しの1戦となる。
直前ピッチの乗り込み内容ながら、4本速い時計を出されており、問題はないとみる。
調教は動く馬ながら、最終追い切りは坂路で全体51.5秒、ラスト1F12.1秒と申し分なし。
力は発揮できる態勢にあるだろう。


(5枠9番:クラリティシチー)
前走の東風Sを快勝後も順調のひとこと。
中2週と間隔は詰まっているが、最終追い切りでは南Wコースで軽快な動きを見せた。
前走に引き続き好調さを保って出走が叶いそうだ。
後は展開がハマるかどうか、といったところか。
状態面から期待したい1頭。


(6枠11番:ウインマーレライ)
近走はなかなか複勝圏にも入れないレースが続いているが、ようやく状態面が上向いてきた感がある。
中間の調整は坂路とコースを併用してみっちりと乗り込まれている。
先週に南Wコースで5F63秒台と速い時計を出して、今週に終い重点の鉄板パターン。
陣営からすれば、思い通りの調整ができたということだろう。
状態面の上積みとハンデ戦、そして中山コースという条件がこの馬にはピッタリと合いそうな雰囲気だ。

【データ】過去10年の勝馬データから、皐月賞(G1)を占う(2015年)

【予想 阪神11R 産経大阪杯(G2)】一流馬に天候不問、ここも単なる通過点。

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿