日曜日は阪神競馬場で「産経大阪杯(G2)」が控えている。

昨年はキズナとエピファネイア、そしてメイショウマンボの3強対決という戦前の様相になっていた。

しかし、レースが終わってみればキズナの1強という形で幕を下ろすことになった。

振り返って見れば非常に切れ味鋭い差し足で、インパクトの大きいレースだったように思う。


2015年はそのキズナに新たな刺客として送り込まれたスピルバーグの2強対決の様相となりそうだ。

共に国内屈指の切れ味の持ち主であり、直線勝負ではどちらに軍配が上がるのか非常に楽しみなレースと言えるのではないか。

まずは過去の勝馬データから、どの馬に妙味があるのか、しっかりと探っておきたい。


キズナ 2014年大阪杯優勝
(2014年優勝馬:キズナ)


過去10年の産経大阪杯(G2)の勝馬データ

※産経大阪杯(G2)・・・(阪神)芝2000m
【過去10年の勝ち時計とペース】
開催年 勝馬 タイム 馬場 ペース
2014年 キズナ 2:00.3 M(平均)
2013年 オルフェーヴル 1:59.0 S(スロー)
2012年 ショウナンマイティ 2:05.5 S(スロー)
2011年 ヒルノダムール 1:57.8 M(平均)
2010年 テイエムアンコール 1:59.5 M(平均)
2009年 ドリームジャーニー 1:59.7 S(スロー)
2008年 ダイワスカーレット 1:58.7 M(平均)
2007年 メイショウサムソン 2:01.4 S(スロー)
2006年 カンパニー 2:04.5 M(平均)
2005年 サンライズペガサス 1:59.0 M(平均)


過去10年で見ると、展開は比較的落ち着きそうなレースと言えるのでは。
阪神コースの特徴もあり、直線までは脚を溜めておきたいといったところか。
切れ味勝負を避けたい馬達が、どこら辺で仕掛けるのかも非常に楽しみなレースを言えるだろう。


【人気】
・1番人気 5頭
・2番人気 1頭
・3番人気 2頭
・6番人気 2頭

1番人気が5頭も勝っており、力が断然と思える1番人気なら素直に信頼しても良いのではないか。
また、過去10年フルゲートでの開催はなく、頭数の紛れがなくなる分、人気上位馬が力を発揮しやすいレースと判断できる。


【年齢】
・4歳 5頭
・5歳 3頭
・6歳 1頭
・7歳 1頭

年齢は4歳と5歳が圧倒的と言える。
8歳以上の勝馬は出ておらず、高齢馬は多少割り引いて考えた方が良さそうだ。


【性別】
・牡馬 9頭
・牝馬 1頭

牝馬での勝馬は2008年のダイワスカーレット。
このレースは牝馬がほとんど出走しておらず、特に割り引いて考える必要はないとみる。


【前走の着順】
・1着 0頭
・2着 6頭
・3着 1頭
・4着 2頭
・5着 1頭

偶然か否かは分からないが、前走1着だった馬は1頭もいない。
逆に前走が2着だった馬は6頭と前走が2着馬を積極的に狙っていくべきか?
全頭5着以内と大きく崩れた馬はいなかった。


【前走からの間隔】
・中4週 2頭
・中5週 3頭
・中7週 1頭
・中8週以上 4頭

連闘や中1週からのローテーションでは勝馬は出ていない。
しっかりこのレースに照準を絞って調整されている馬を狙うべきだろう。


【前走の格】
・G1 4頭(内海外1頭)
・G2 4頭
・G3 1頭
・OP 1頭

天皇賞春のステップレースに使う馬も多く、前走の出走レースはやはりグレードレースの馬が多い。
条件戦を勝ち上がったばかりの馬の勝利はなく、前走オープン戦を使って勝利したのはショウナンマイティのみ。
ショウナンマイティは4歳でちょうど強くなり始めていた時期だった。
前走がG3以下の馬を狙うのであれば、成長途上の4歳馬が好ましい感じを受ける。


【枠順】
・1枠 0頭
・2枠 0頭
・3枠 1頭
・4枠 1頭
・5枠 3頭
・6枠 1頭
・7枠 2頭
・8枠 2頭

開催半ばでのレースと言うこともあり、内側馬場は荒れているという結果だろうか。
1枠と2枠から過去10年で勝馬が出ていない。
当日の馬場状態は大きなファクターとなりそうだ。


【種牡馬データ:勝率】
・1位 ディープインパクト(18.4%)
・2位 ジャングルポケット(14.3%)
・3位 キングカメハメハ(13.9%)

【種牡馬データ:複勝率】
・1位 ディープインパクト(43.9%)
・2位 フジキセキ(33.3%)
・3位 ダイワメジャー(32.0%)

※データは産経大阪杯登録馬による2012年からの過去3年強の阪神芝2000mでの種牡馬実績
※最低出走回数は10回以上の種牡馬が対象

関西の競馬場の中距離ではやはりディープ産駒が圧倒的な強さ。
ディープ産駒の出走馬は要チェックだ。


(まとめ)
いかがだったでしょうか。

キズナとスピルバーグの2強は共にディープ産駒ですね。

それ以外にもG1馬が4頭もおり、展開次第ではどの馬が勝ってもおかしくはないと思われます。

キズナやスピルバーグは全てのデータを満たしており、後は枠順次第といったところでしょうか。

楽しみな1戦となること間違いなさそうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【調教展望】阪神11R コーラルS(2015年)

【調教展望】中山11R マーチS(G3)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿