3月22日(日)中山11R、芝1800m

スプリングSの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 キタサンブラック 3/18 CW 67.1 - 52.1 - 38.8 - 11.8 馬也
2枠 2番 マイネルシュバリエ 3/18 美P 計時不能
3枠 3番 ベルーフ 3/18 CW 83.1 - 67.3 - 53.4 - 39.3 - 12.4 強め
4枠 4番 タケデンタイガー 3/18 南W 67.2 - 52.2 - 38.4 - 13.1 仕掛
5枠 5番 ブラックバゴ 3/18 美坂 54.5 - 39.1 - 25.2 - 12.7 馬也
5枠 6番 リアルスティール 3/18 栗坂 53.1 - 38.9 - 25.3 - 12.5 馬也
6枠 7番 ミュゼスルタン 3/18 南W 68.5 - 53.3 - 39.7 - 12.7 馬也
6枠 8番 ダノンプラチナ 3/18 南W 86.9 - 70.6 - 56.4 - 41.1 - 13.0 馬也
7枠 9番 マイネルサクセサー 3/18 南D 計時不能
7枠 10番 ダノンメジャー 3/18 栗坂 53.6 - 38.7 - 25.1 - 12.6 強め
8枠 11番 フォワードカフェ 3/18 美坂 53.7 - 39.1 - 25.5 - 12.5 馬也
8枠 12番 ベストミックス 3/18 栗坂 53.8 - 38.7 - 24.7 - 12.2 一杯

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:キタサンブラック)
現在2連勝中と勢いに乗っている。
前走は3馬身突き放す強い内容で、状態は非常に良いのだろう。
前走後もキッチリと乗り込まれており、今週はCWコースで終い重点の調教。
馬なりでラスト1F12秒を割ってくるあたり、非常に期待したくなる1頭だ。


(5枠6番:リアルスティール)
調教ではかなり動く方の部類なのだろう。
この中間も3週前から速い時計を出されており、全部馬なりに近い状態で速い時計を出されている。
搭載されているエンジンが違うのかも知れない。
前走後の疲れが心配されるところだけど、調整内容を見る限り増々快調と言わんばかり。
状態・実績面からも不安は感じられない。


(8枠11番:フォワードカフェ)
中2週と間隔は詰まっているけど、今週の調教は美浦坂路コースで全体53秒台、ラスト1F12.5秒を馬なりで計時してきた。
前走の状態を引き続き保っていると思われ、いい状態での出走となると思われる。
後は力関係がどうかだが、成長の軌道に乗っている可能性があるため軽視は禁物だ。

【調教展望】阪神11R 阪神大賞典(G2)(2015年)

【調教展望】中京11R ファルコンS(G3)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿