3月21日(土)中山11R、芝1800m

フラワーCの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 アルビアーノ 3/18 南W 69.8 - 53.9 - 39.0 - 12.0 強め
1枠 2番 ローデッド 3/18 栗坂 54.0 - 39.2 - 25.6 - 13.0 強め
2枠 3番 ノットフォーマル 3/18 南W 69.0 - 54.2 - 40.1 - 12.9 馬也
2枠 4番 ココ 3/18 CW 82.3 - 66.2 - 51.7 - 38.9 - 12.5 一杯
3枠 5番 アースライズ 3/18 栗坂 53.6 - 39.1 - 25.3 - 12.3 馬也
3枠 6番 アフェクシオン 3/18 南W 67.8 - 51.9 - 37.9 - 12.8 仕掛
4枠 7番 ジュエルメーカー 3/18 CW 83.0 - 67.3 - 52.7 - 38.8 - 12.7 一杯
4枠 8番 サトノフラリッシュ 3/18 栗坂 54.0 - 38.9 - 25.6 - 13.0 強め
5枠 9番 ティーエスクライ 3/18 CW 73.0 - 56.6 - 41.7 - 12.9 馬也
5枠 10番 ホワイトフーガ 3/18 美坂 53.8 - 39.2 - 25.4 - 12.4 馬也
6枠 11番 ジャポニカーラ 3/18 美P 計測不良
6枠 12番 ディアマイダーリン 3/18 美坂 53.7 - 39.2 - 25.5 - 12.9 馬也
7枠 13番 エグランティーナ 3/18 南W 計測不良
7枠 14番 ロッカフラベイビー 3/18 美坂 55.0 - 40.9 - 26.4 - 12.7 馬也
8枠 15番 カゼルタ 3/18 栗坂 55.6 - 39.5 - 25.1 - 12.4 馬也
8枠 16番 ホワイトエレガンス 3/18 南W 67.2 - 50.9 - 38.2 - 12.7 馬也

【◎ピックアップ!】

(6枠12番:ディアマイダーリン)
前走を快勝してから約4ヵ月の間隔を開けての出走となる。
前走後は疲れが出てしっかりと休ませるための休養だったが、このレースに向けてしっかりと乗り込みはされている。
今週は美浦坂路コースで全体53.7秒、ラスト1F12.9秒を馬なりでまとめてみせた。
休ませたことによるリフレッシュ効果と4ヵ月の成長力を見せたいところだ。


調整内容を見る限り、ピックアップをしたいのは12番ディアマイダーリンの1頭。
他の15頭の調子が悪いということではなく、いつもと変わらないと言った感じ。
3歳牝馬ということもあり、無理に速い時計を出したり、負荷を掛けたりするのが良いということでもないだろう。
どの馬が桜花賞への切符を掴むのか、しっかりと状態面と照らし合せてみたいところだ。

【調教展望】中京11R ファルコンS(G3)(2015年)

【データ】過去10年の勝馬データから、スプリングS(G2)を占う(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿