週末の日曜日は、阪神でも中山でもプレG1戦があり競馬に熱を帯びるばかり。

占いたいレースは中山メインレースの「スプリングS(G2)」。

共同通信杯(G3)では大器ドゥラメンテの抜け出しを内から一気に巣食ったリアルスティールが出走してくる。

皐月賞にもっとも近い馬として注目を浴びての出走になるだろうが、データ面から見たらどうなのだろうか。

過去10年の勝馬データから探ってみよう!


ロサギガンティア スプリングS優勝
(2014年優勝馬:ロサギガンティア)


過去10年のスプリングS(G2)の勝馬データ


※スプリングS(G2)・・・(中山)芝1800m
【過去10年の勝ち時計とペース】
開催年 勝馬 タイム 馬場 ペース
2014年 ロサギガンティア 1:48.4 M(平均)
2013年 ロゴタイプ 1:47.8 M(平均)
2012年 グランデッツァ 1:50.7 M(平均)
2010年 アリゼオ 1:48.2 M(平均)
2009年 アンライバルド 1:50.8 S(スロー)
2008年 スマイルジャック 1:48.9 M(平均)
2007年 フライングアップル 1:49.0 M(平均)
2006年 メイショウサムソン 1:48.9 M(平均)
2005年 ダンスインザモア 1:47.3 M(平均)
2004年 ブラックタイド 1:48.3 M(平均)

※2011年は阪神開催であったためデータから割愛しています。

過去10年の内、9年は平均ペースになっている。
中山コースの特徴とも言える。
鋭い脚がなくても、喰い込める可能性が高いのが中山コースということだろう。


【人気】
・1番人気 3頭
・2番人気 2頭
・3番人気 2頭
・4番人気 1頭
・5番人気 1頭
・6番人気 1頭

1番人気が圧倒的という訳でもない。
ただ、上位人気の馬が来ている傾向にあり、人気が割れているときなど力のある馬はチェックが必要だろう。
無理に穴狙いに走るレースではないような感じを受ける。


【前走からの間隔】
・中4週 1頭
・中5週 3頭
・中6週 2頭
・中7週 1頭
・中8週以上 3頭

間隔はある程度とってからこのレースに照準を合わせている感じを受ける。
賞金狙いで間隔を詰めて使って来る馬は注意が必要ということも言えるのでは。
休養明けの馬も3頭勝っており、特に気にする必要はないだろう。


【前走の格】
・G1 1頭
・G2 0頭
・G3 6頭
・OP 1頭
・500万条件 2頭

条件戦を勝ったばかりでも2頭が勝利しており、特に気にすることもなさそうだ。
ただ、前走がG3以上を使っていた馬が7頭も勝利しており、レベルの高いレースを経験していることに越したことはないだろう。


【前走の着順】
・1着 4頭
・2着 3頭
・3着 3頭

前走は3着以内を絶対条件にしたいデータ。
尚、前走で一番負けていた馬でも勝馬から0.2秒差と僅差。
前走で良いレースが出来ていなかった馬は、割り引いて考えて良さそうだ。


【キャリア】
・3戦 3頭
・4戦 3頭
・5戦 0頭
・6戦 3頭
・7戦 0頭
・8戦 1頭

キャリアは3~8戦の間で収まっている。
キャリア2戦という馬は過去10年では勝っていないが、データ数が少ないということもあり、特に気にする必要はないと感じる。


【枠順】
・1枠 1頭
・2枠 2頭
・3枠 3頭
・4枠 0頭
・5枠 0頭
・6枠 2頭
・7枠 0頭
・8枠 2頭

内枠からも外枠からも勝馬が出ており、特に枠順は気にする必要はないようだ。
当日の馬場状態をしっかりと加味した上で考慮するに越したことはないだろう。


【種牡馬データ:勝率】
・1位 キングカメハメハ(11.4%)
・2位 ディープインパクト(10.3%)
・3位 マンハッタンカフェ(8.7%)

【種牡馬データ:複勝率】
・1位 ブライアンズタイム(36.4%)
・2位 ダイワメジャー(34.5%)
・3位 ディープインパクト(29.0%)

※データはスプリングS登録馬による2012年からの過去3年強の中山芝1800mでの種牡馬実績
※最低出走回数は10回以上の種牡馬が対象


勝率と複勝率では上位に来ている馬が異なっている。
安定感を取るか、快進撃を取るか、どちらかということだろう。


(まとめ)
いかがだったでしょうか。

2015年は、共同通信杯を力強く快勝したリアルスティールに注目が集まりますが、G1馬のダノンプラチナなどまだまだ底を見せていない馬も多数います。

このレースを勝った馬は本番の皐月賞で最右翼にピックアップされること間違いなしでしょう。

あなたはどの馬を推しますか?


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【調教展望】中山11R フラワーC(G3)(2015年)

【データ】過去10年の勝馬データから、阪神大賞典(G2)を占う(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿