中山メインレースの「中山牝馬S」を予想していきたいと思う。

開幕週から雨が降ったり止んだりして、例年よりも馬場の傷みが早い様に思うし、外差しが決まるようになってると感じる。

開幕週の中京は直線内側が有利だと感じるけど、中山の馬場でそういった有利不利は特に感じない。

スイートサルサが回避して1頭減ったけど混戦メンバーということには変わりない。

さっそく予想していこう。


展開予想


出走メンバーを見渡すと、前に取り付けたいだろう馬は何頭かいるけど、どうしてもハナを切りたいという馬は見当たらない。

枠順的に4番マイネグレヴィル、5番ミナレット、6番サクラプレジールのどれかが行くような感じを受ける。

1800mという距離だから、そこまでペースが遅くなることは考え難い。

よって、ペースは平均ペースくらいになると考えておこう。


全体の時計は少し遅めの1分48秒前後になるんじゃないかと。

ラスト3Fは35.5秒前後になると想定しておこう。


システマチック予想


ハンデ戦だけど、トップハンデの馬が54キロとレベルの低いメンバー構成ということが言える。

56キロ以上を背負った馬がいれば、実績の現れだと思うんだけど、今回はそういった馬たちはいない。

後は、状態面が良さそうな馬と平均ペースでより決め手を活かせそうな馬がいないかを探して軸馬としたい。


各馬の比較をしていったところ、最上位にピックアップできたのは

 ・5枠8番:アイスフォーリス

になった。

引退レースと言うこともあり、この馬を軸に馬券を購入したい。

アイスフォーリス自身にも気持ちの良い引退の花道になればいいなと思う。


馬券の買い目は以下の通り

(3連複フォーメーション)
08 - 02, 03, 06, 07, 10, 13, 14, 15(28通り)



鞍上の三浦Jとも相性は良さそうな感じを受ける。

白い馬体が中山のゴールを先頭で駆け抜ける姿は想像するととても綺麗な感じがする。

結果もそうなって欲しい。

がんばれ! 三浦!

競馬予想をする上で、騎手はプラス材料で捉えるべきか? マイナス材料で捉えるべきか?

【調教展望】中山11R 中山牝馬S(G3)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿