3月14日(土)阪神11R、ダート2000m

仁川Sの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ヴァンヌーヴォー 3/11 CW 83.4 - 67.4 - 52.1 - 37.7 - 12.1 一杯
2枠 2番 マルカプレジオ 3/11 栗坂 53.4 - 39.7 - 26.4 - 13.5 一杯
3枠 3番 タガノゴールド 3/11 栗坂 54.8 - 40.5 - 26.4 - 13.1 馬也
4枠 4番 マイネルバイカ 3/11 CW - - 52.1 - 38.5 - 12.9 馬也
5枠 5番 メイショウイチオシ 3/11 栗坂 55.3 - 40.1 - 25.4 - 12.5 仕掛
6枠 6番 クラシカルノヴァ 3/11 栗坂 55.7 - 39.8 - 25.8 - 12.9 一杯
7枠 7番 ナリタポセイドン 3/11 栗坂 53.6 - 38.9 - 25.4 - 12.8 一杯
7枠 8番 キングヒーロー 3/11 栗坂 57.2 - 41.6 - 26.7 - 12.7 馬也
8枠 9番 ドコフクカゼ 3/11 DP 75.2 - 61.6 - 48.9 - 36.1 - 11.0 一杯
8枠 10番 トップカミング 3/11 北C 67.1 - 53.0 - 39.5 - 12.5 馬也

【◎ピックアップ!】

(5枠5番:メイショウイチオシ)
前走のアルデバランSではスタートが良くなくて、その時点で終了感はあった。
やはり前にいってなんぼの馬なんだろう。
この中間はしっかりと動けており、最終追い切りは坂路コースで終い重点の鉄板パターン。
先週にみっちりと好時計を出しており、状態面は良さそうな感じを受ける。
少頭数でレースができることが大きなプラス材料になるのではないか。


調教内容で良さげに思えたのはメイショウイチオシの1頭のみ。
ただ、他の馬が悪いかと言えばそうでもない。
通常通りの調教が行われており、状態面が悪いということではない。

マイナス面に感じた馬は3番のタガノゴールド。
放牧先で乗り込まれていたのだろうが、帰厩後の乗り込み量が少ない。
これがレースでどう出るかは判らないけど、多少割り引いて考えておいた方が良い様に思う。

【調教展望】阪神11R フィリーズレビュー(G2)(2015年)

【予想 中京11R 中日新聞杯(G3)】テンよし、中よし、終いよし。トップハンデも仕方なし!

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿