阪急杯(G3)は快速決着が見込まれる中、どの馬が先頭を切ってゴールするのか非常に興味深いメンバーが揃った様に思う。

雨の中の阪神競馬場、まだまだ芝の状態が良好ながらも各馬にどのような影響を与えるのかもしっかりと検討していかないといけない。

さっそく予想していこう。


展開予想


メンバーを見渡すと、どうしてもハナを拘りたいという馬はいないように思う。

今回、5番ミッキーアイルは控える宣言をしているだけに、逃げそうなのは9番コパノリチャード、10番ニホンピロアンバーあたりだろうか。

強引に行きそうな感はしないし、どちらかがハナを切る形になるだろうと思う。

本来持っているスピードがスローペースになる形もないだろうと思うから、ペースは平均くらいになると想定しておこう。

開幕馬場ということもあり、ラスト3Fも34秒くらいになるのではないかと想定しておこう。


システマの万馬券予想


展開予想が済んだところで、後は各馬の比較へと移りたい。

まずは、このレース別定戦ということで、G1馬3頭(ミッキーアイル、コパノリチャード、ダノンシャーク)は58キロを背負っている。

しかし、実績面では断然なので、この2キロの斤量差は特に気にする必要はないだろうと思う。


次に押さえておきたいのは状態面。

調整内容が良かったと思えた馬は、

・ダノンシャーク
・ミッキーアイル
・オリービン
・コパノリチャード
・ダイワマッジョーレ
・レッドオーヴァル

の6頭あたり。

短距離馬は調教を動く馬が多いから、調子の善し悪しの判断はしやすいかもしれない。

状態面で上記6頭をプラスに捉えておこう。


次は、重馬場での好走経験を見ておきたいと思う。

見る観点としては、ある程度のレベルが高かったレースが重馬場以上だったかで判断したい。

となると、

・アミカブルナンバー
・オリービン
・コパノリチャード

の3頭あたりが重馬場では実績ありかなと思いたい。

コパノリチャードは高松宮記念(G1)が不良馬場だっただけに断然の重馬場実績だろう。


最後は決め手の面で上位馬をピックアップしておきたい。

各馬が過去、平均ペースでどれくらいの決め手を活かしてレースをしていたかに注目。

ピックアップしてみると

・アミカブルナンバー
・ダノンシャーク
・ローブティサージュ
・オリービン
・マジンプロスパー
・コパノリチャード
・リヴェレンテ
・ダイワマッジョーレ
・プリムラブルガリス

と9頭もピックアップできた。

これだけピックアップできること自体、力差はそんなにないと見ておきたい。


以上、「展開×ポテンシャル×状態」の3つを比較して最上位に見ることが出来たのは

・5枠9番:コパノリチャード

ということになった。

1番人気だろうけど、仕方なし。

よって、コパノリチャードを軸に以下のように馬券は購入したいと思う。

(3連複フォーメーション)
09 - 01, 03, 06, 07, 08, 11, 13, 14, 15 (36通り)


うまく組み合わせでカバーできれば嬉しく思う。

相手は9頭に流し買い。


高松宮記念(G1)に向けて、良い結果を残して欲しいと思う。

がんばれ! 豊ちゃん!

【データ】過去10年の勝馬データから、弥生賞(G2)を占う(2015年)

【調教展望】阪神11R 阪急杯(G3)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿