3月1日(日)阪神11R、芝1400m

阪急杯の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 アミカブルナンバー 2/25 美坂 53.9 - 39.3 - 25.6 - 13.2 一杯
1枠 2番 サドンストーム 2/25 栗坂 54.2 - 38.8 - 24.6 - 12.3 一杯
2枠 3番 ダノンシャーク 2/25 栗坂 52.2 - 38.4 - 24.9 - 12.4 馬也
2枠 4番 エールブリーズ 2/25 栗坂 52.2 - 37.8 - 24.8 - 12.6 強め
3枠 5番 ミッキーアイル 2/25 CW 91.0 - 74.3 - 57.8 - 42.5 - 12.6 馬也
3枠 6番 ローブティサージュ 2/25 栗坂 53.4 - 37.9 - 24.7 - 12.4 馬也
4枠 7番 オリービン 2/25 栗坂 52.6 - 38.1 - 24.6 - 12.4 馬也
4枠 8番 マジンプロスパー 2/25 CW 78.1 - 63.7 - 50.8 - 38.9 - 13.3 一杯
5枠 9番 コパノリチャード 2/25 栗坂 51.3 - 37.0 - 24.4 - 12.5 馬也
5枠 10番 ニホンピロアンバー 2/25 DP 82.0 - 66.2 - 51.1 - 37.4 - 11.6 馬也
6枠 11番 リヴェレンテ 2/25 栗坂 57.5 - 41.4 - 26.2 - 12.3 馬也
6枠 12番 ハノハノ 2/25 栗坂 52.9 - 38.6 - 25.1 - 12.5 一杯
7枠 13番 ダイワマッジョーレ 2/25 栗坂 51.1 - 37.4 - 24.7 - 12.5 一杯
7枠 14番 プリムラブルガリス 2/25 栗坂 53.6 - 38.8 - 24.4 - 12.0 一杯
8枠 15番 レッドオーヴァル 2/25 栗坂 51.9 - 38.2 - 24.9 - 12.3 馬也
8枠 16番 メイショウヤタロウ 2/25 CW 66.9 - 51.9 - 39.0 - 12.4 馬也

【◎ピックアップ!】

(2枠3番:ダノンシャーク)
6歳になっても衰えを見せずに前走はG1を勝利した。
時計も非常に優秀で、脚質転換が大きな称号をもたらした。
調教は非常に動く馬で、休養明けになるが、中間は速い時計を連発して仕上がり面に不安はない。
今週は坂路コースで全体52.2秒、ラスト1F12.4秒と鋭い動き。
後は1400mという距離と斤量面が課題といったところか。


(3枠5番:ミッキーアイル)
今回は脚質転換を表明しての出走となる。
いつも坂路で好時計で締めてくる馬が、最終追い切りはCWコースで時計を出してきた。
実質的な追い切りは日曜日に済ませており、最終追い切りは軽めの内容になっているが特に問題はないだろう。
2ヵ月間隔を開けてのレースになるが、乗り込み量に不足はなし。
良好な状態でレースを迎えることができるだろう。


(5枠9番:コパノリチャード)
前走の阪神カップでは大外枠で3番手からの競馬でも難なくクリアしてみせた。
2ヵ月間隔を開けてのレースとなるが、中間は速い時計を連発している。
乗り込み量も問題なく、仕上がり面は非常に良さそうだ。
特に今週は坂路コースで全体51秒台、ラスト1F12.5秒を馬なりで計時してきた。
状態面から推したい1頭。


(7枠13番:ダイワマッジョーレ)
前走の阪神カップでようやくこの馬らしい姿を見ることが出来た。
状態面が上がっている状態だったのだろう。
間隔は2ヵ月開くが、中間は坂路中心でしっかり乗り込まれてきた。
今週の時計は全体51.1秒、ラスト1F12.5秒と鋭い動きを見せた。
仕上がり面に不安はなく、レースでは力を発揮できるはず。


(8枠15番:レッドオーヴァル)
前走の京阪杯は、スローペースに泣いた形で度外視していいだろう。
約3ヵ月間隔を取って、立て直しの1戦となる。
中間は坂路コースで入念に乗り込まれ、先週、今週は好時計でまとめてきた。
特に今週は全体51秒台、ラスト1F12.3秒を馬なりで。
リフレッシュ効果が見込め、期待したい1頭だ。

【予想 阪神11R 阪急杯(G3)】実績断然、展開有利、馬場状態不問、なら1番人気でも仕方なし

【予想 中山11R 中山記念(G2)】斤量2キロ差、打倒イスラボニータへの態勢は整った。

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿