3月1日(日)中山11R、芝1800m

中山記念の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ヒラボクディープ 2/25 美坂 57.0 - 42.0 - 27.3 - 13.3 馬也
2枠 2番 ゼンノルジェロ 2/25 栗坂 55.9 - 39.5 - 25.5 - 12.7 一杯
3枠 3番 タガノグランパ 2/25 CW 87.6 - 70.7 - 54.1 - 38.9 - 12.0 一杯
4枠 4番 ヌーヴォレコルト 2/25 南W 67.8 - 52.4 - 37.9 - 12.6 馬也
5枠 5番 マイネルフロスト 2/25 南W 69.1 - 53.6 - 38.6 - 12.4 仕掛
6枠 6番 タイキパーシヴァル 2/25 栗坂 53.5 - 39.2 - 25.7 - 13.1 一杯
6枠 7番 ロゴタイプ 2/25 美坂 54.7 - 39.5 - 25.3 - 12.4 一杯
7枠 8番 ナカヤマナイト 2/25 南W 65.4 - 50.2 - 37.1 - 12.7 強め
7枠 9番 トラストワン 2/25 CW 84.5 - 67.6 - 52.4 - 38.0 - 12.7 強め
8枠 10番 イスラボニータ 2/25 南W 83.6 - 67.5 - 53.3 - 39.4 - 12.5 強め
8枠 11番 ステファノス 2/25 CW 82.2 - 66.3 - 51.6 - 38.3 - 12.1 一杯

【◎ピックアップ!】

4強対決と言われるレースとなっているが、ロゴタイプを除いて、他の3頭は休養明け。

仕上がり具合に関しては特に問題はないだろうが、絶好調と言えるような調整内容ではないと思われる。

他の馬も全て含めて、この中山記念で取り上げたい馬はなし。

6番タイキパーシヴァルは休養明けであり、今回の調整過程を見る限り、後1本欲しい内容。

少し割り引いて考えた方が無難かもしれない。

【予想 中山11R 中山記念(G2)】斤量2キロ差、打倒イスラボニータへの態勢は整った。

【予想 中山11R 総武ステークス】上がりの掛かる中山コースで本領発揮、ベルサリエーレ

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿