有力馬次走-ゴールドシップ
(阪神大賞典3連覇を狙うゴールドシップ)


・ゴールドシップ(牡6)
AJCC(G2)では走る気を見せれずに7着と敗退したゴールドシップは次走、3月22日(日)阪神大賞典(G2)へ出走予定。


・ラブリーデイ(牡5)
中山金杯(G3)と京都記念(G2)の2つを連勝中で勢いに乗っているラブリーデイは次走、3月22日(日)阪神大賞典(G2)へ出走予定。


・デニムアンドルビー(牡5)
2014年の有馬記念(G1)7着以降、休養しているデニムアンドルビーは次走、3月22日(日)阪神大賞典(G2)へ出走予定。


・フーラブライド(牝6)
日経新春杯(G2)では内をすくわれ、惜しくも2着だったフーラブライドは次走、3月22日(日)阪神大賞典(G2)へ出走予定。


・トーホウジャッカル(牡4)
2014年の菊花賞(G1)1着以降、休養しているトーホウジャッカルは次走、3月22日(日)阪神大賞典(G2)へ出走予定。


・スズカデヴィアス(牡4)
京都記念(G2)では積極的なレースをして惜しくもハナ差2着に敗れたスズカデヴィアスは次走、3月22日(日)阪神大賞典(G2)へ出走予定。



・キズナ(牡5)
長期休養明けの京都記念(G2)では惜しくも3着と敗れたキズナは次走、4月5日(日)産経大阪杯(G2)へ出走予定。


・スピルバーグ(牡6)
2014年のジャパンカップ(G1)3着以降、休養しているスピルバーグは次走、4月5日(日)産経大阪杯(G2)へ出走予定。


・エアソミュール(牡6)
AJCC(G2)ではスローペースに泣いた形で3着と敗れたエアソミュールは次走、4月5日(日)産経大阪杯(G2)へ出走予定。


・ラキシス(牝5)
2014年の有馬記念(G1)6着以降、休養しているラキシスは次走、4月5日(日)産経大阪杯(G2)へ出走予定。



・トーセンバジル(牡3)
葉牡丹賞で1着となったトーセンバジルは次走、3月8日(日)弥生賞(G2)へ出走予定。


・クラリティスカイ(牡3)
2014年の朝日フューチュリティS(G1)3着以降、休養しているクラリティスカイは次走、3月8日(日)弥生賞(G2)へ出走予定。


・ブライトエンブレム(牡3)
2014年の朝日フューチュリティS(G1)7着以降、休養しているブライトエンブレムは次走、3月8日(日)弥生賞(G2)へ出走予定。


・ベルラップ(牡3)
2014年のラジオNIKKEI賞京都2歳S(G3)1着以降、休養しているベルラップは次走、3月8日(日)弥生賞(G2)へ出走予定。


・グァンチャーレ(牡3)
シンザン記念(G3)では直線入り口で外に振られながらも力強い脚を見せて1着となったグァンチャーレは次走、3月8日(日)弥生賞(G2)へ出走予定。


・コメート(牡3)
ホープフルS(G2)先行して2着と粘ったコメートは次走、3月8日(日)弥生賞(G2)へ出走予定。


・シャイニングレイ(牡3)
2戦目となったホープフルS(G2)では先行して力強く抜け出し1着となったシャイニングレイは次走、3月8日(日)弥生賞(G2)へ出走予定。


・サトノクラウン(牡3)
東京スポーツ杯(G3)では直線勝負の最後の最後で差し切って1着をもぎ取ったサトノクラウンは次走、3月8日(日)弥生賞(G2)へ出走予定。

【データ】過去10年の勝馬データから、中山記念(G2)を占う(2015年)

【予想 小倉11R 小倉大賞典(G3)】前走度外視! 距離延長と位置取り前進で見直し効果大!

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿