2月22日(日)小倉11R、芝1800m(ハンデ)

小倉大賞典の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ダコール 2/18 栗坂 52.5 - 38.7 - 25.4 - 13.0 一杯
1枠 2番 コスモソーンパーク 2/18 小ダ 68.4 - 52.9 - 38.7 - 12.0 馬也
2枠 3番 アロマティコ 2/18 栗坂 53.4 - 39.3 - 25.6 - 12.8 強め
2枠 4番 ラングレー 2/18 栗坂 52.7 - 38.9 - 25.2 - 12.5 一杯
3枠 5番 ウインマーレライ 2/18 小ダ 67.1 - 52.7 - 39.2 - 12.5 馬也
3枠 6番 カレンブラックヒル 2/18 栗坂 50.3 - 37.2 - 25.0 - 12.8 一杯
4枠 7番 スマートギア 2/18 小ダ 68.8 - 53.4 - 38.6 - 12.1 馬也
4枠 8番 マデイラ 2/18 DP 64.2 - 49.5 - 36.0 - 11.1 馬也
5枠 9番 ヒットザターゲット 2/18 栗坂 52.9 - 38.3 - 24.9 - 12.6 一杯
5枠 10番 キャトルフィーユ 2/18 栗坂 54.2 - 39.1 - 25.1 - 12.3 一杯
6枠 11番 マコトブリジャール 2/18 DP 80.2 - 64.4 - 50.6 - 37.3 - 11.8 馬也
6枠 12番 ハナノシンノスケ 2/18 栗坂 54.5 - 39.5 - 25.7 - 12.8 一杯
7枠 13番 マイネルミラノ 2/18 小ダ 69.0 - 53.3 - 38.9 - 12.0 馬也
7枠 14番 メイショウナルト 2/18 CW 82.5 - 66.4 - 52.4 - 39.4 - 12.5 馬也
8枠 15番 ミッキードリーム 2/18 栗坂 52.7 - 38.9 - 26.4 - 13.7 一杯
8枠 16番 レッドレイヴン 2/18 小ダ 73.3 - 58.0 - 43.0 - 12.5 馬也

【◎ピックアップ!】

(2枠4番:ラングレー)
現在2連勝中と目下絶好調といったところだろう。
中間の調整内容を見る限り、引き続き好調を保っているだろうと思われる。
今週は坂路コースで全体52.7秒、ラスト1F12.5秒と鋭い動きでフィニッシュ。
ハンデも軽く、大きなチャンスが巡ってきたと捉えるべきだろう。


(5枠10番:キャトルフィーユ)
前走の京都牝馬Sでは、6着と敗退したが本来の位置取りよりも少し後ろ過ぎたかもしれない。
力負けということではなく、中間の調整内容を見ていると、デキ落ちということでもなさそう。
中間は入念に乗り込まれており、今週は坂路で終い重点の追い切り。
ラスト1F12.3秒といい反応を示しており、今回も注目が必要な1頭だろう。
鞍上が続けてバルジュー騎手ということもプラス材料と捉えたい。


(7枠14番:メイショウナルト)
この馬は自分自身のレースができるかどうかに尽きるだろう。
中間の調整はいつもと変わらず、しっかりとCWコースで時計を出されている。
時計は特段速い訳ではないが、6Fから時計を出され、ラスト1Fは12秒台でフィニッシュ。
調整面に狂いがないことから、状態面は引き続き維持していると思っていいだろう。
後は、主導権を握れるかどうかだろう。

【予想 東京11R フェブラリーS(G1)】総合力では1番上かな? 出遅れなければ前走内容を素直に信頼

【調教展望】東京11R フェブラリーS(G1)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿