2月15日(日)小倉11R、ダート1700m(ハンデ)

門司Sの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 クリノアマダブラム 2/11 栗坂 52.7 - 39.1 - 26.0 - 13.2 仕掛
1枠 2番 サンバビーン 2/11 南W 69.6 - 53.9 - 40.6 - 13.6 馬也
2枠 3番 セイカフォルトゥナ 2/11 南W 68.7 - 53.9 - 40.3 - 12.7 強め
2枠 4番 コウセイコタロウ 2/11 小ダ 82.4 - 66.8 - 53.0 - 39.8 - 12.6 強め
3枠 5番 ディルガ 2/11 栗坂 53.5 - 39.7 - 26.3 - 13.3 馬也
3枠 6番 タイセイシュバリエ 2/11 栗坂 53.4 - 38.5 - 24.9 - 12.4 強め
4枠 7番 ヒミノオオタカ 2/11 栗坂 53.4 - 38.7 - 24.6 - 12.1 一杯
4枠 8番 シンワウォッカ 2/12 栗坂 54.0 - 39.6 - 26.2 - 13.3 強め
5枠 9番 エスペリア 2/11 CW - - 50.9 - 38.3 - 12.8 一杯
5枠 10番 グレナディアーズ 2/11 栗坂 53.2 - 38.8 - 25.3 - 13.0 一杯
6枠 11番 マヤノクレド 2/11 小ダ 71.7 - 55.6 - 40.3 - 11.7 一杯
6枠 12番 ベルウッドテラス 2/13 小ダ 74.7 - 58.7 - 42.6 - 13.6 馬也
7枠 13番 メイショウコンカー 2/11 栗坂 52.3 - 38.2 - 25.2 - 12.8 強め
7枠 14番 ステキナシャチョウ 2/11 CW 84.2 - 66.8 - 52.1 - 39.6 - 12.1 一杯
8枠 15番 シグナルプロシード 2/11 栗坂 52.4 - 37.7 - 25.0 - 12.8 馬也
8枠 16番 サイモンガーランド 2/11 栗坂 54.0 - 40.0 - 26.8 - 13.7 馬也

【◎ピックアップ!】

(3枠6番:タイセイシュバリエ)
前走は休養明け2走目で本来のレースまであと1歩という段階に来たように思える。
今回は3走目で引き続き状態面は良さそうだ。
中間もしっかりと動けており、今週は坂路コースで全体53.4秒、ラスト1F12.4秒と鋭い動き。
ハンデ戦ということで斤量は背負う立場になるが、状態の良さでどこまでカバーできるかだろう。


(4枠7番:ヒミノオオタカ)
10月以来の出走となり、中間の動きは先週までは重苦しい動きを見せていた。
しかし、今週の坂路コースでの追い切りでは全体53.4秒、ラスト1F12.1秒と一変した動きを見せた。
正直後1本速いところが欲しいところだけど、乗り込み量自体は問題ないと思われるため、状態面は良好だろう。
調教の動きがレースでもそのまま発揮できれば、といったところだろう。


(8枠15番:シグナルプロシード)
2ヵ月以上間隔を開けての出走となる。
中間は主に馬なり調整での内容になるが、しっかりと乗り込まれている。
今週も坂路で全体52秒台、ラスト1F12.8秒と順調をアピール。
状態は良さそうで、レースでは力を発揮してくれそうに思えるが、大型馬だけに、輸送できっちりと馬体が絞れていることが前提になる。

【予想 小倉11R 門司S】リフレッシュ効果で突破なるか! 仕切り直しのクラス2走目プロシード

【予想 京都11R 京都記念(G2)】楽しみな2強対決! 並んで叩き合いならキズナかなと。

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿