2月15日(日)東京11R、芝1800m

共同通信杯(G3)の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 リアルスティール 2/11 栗坂 54.1 - 39.3 - 25.0 - 12.2 馬也
2枠 2番 ティルナノーグ 2/11 CW 81.8 - 66.4 - 51.9 - 38.6 - 12.7 一杯
3枠 3番 アヴニールマルシェ 2/11 南W - - 53.6 - 39.7 - 13.5 馬也
4枠 4番 マイネルサクセサー 2/11 南D 67.8 - 52.6 - 39.1 - 13.4 馬也
5枠 5番 ミュゼエイリアン 2/11 南W - - 52.6 - 39.1 - 12.7 一杯
5枠 6番 ソールインパクト 2/11 南W 68.5 - 53.2 - 39.4 - 13.0 馬也
6枠 7番 シゲルケンカヤマ 2/11 美坂 55.4 - 40.4 - 25.9 - 12.9 一杯
6枠 8番 ドゥラメンテ 2/11 美坂 55.3 - 40.5 - 25.7 - 12.8 馬也
7枠 9番 ショウボート 2/11 栗坂 53.2 - 39.1 - 25.5 - 12.9 一杯
7枠 10番 アンビシャス 2/11 栗坂 54.0 - 39.2 - 25.5 - 12.9 一杯
8枠 11番 ダノンメジャー 2/11 栗坂 52.7 - 38.2 - 25.1 - 12.9 強め
8枠 12番 コスモナインボール 2/11 南W 68.2 - 52.9 - 38.7 - 12.8 一杯

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:リアルスティール)
暮れの新馬戦を快勝して、期待感を高めている。
前走後は少し休ませて、今月から速い時計を出し始めている。
調教ではしっかり動く馬のようで、先週はCWコースで6F81秒台の時計。
今週は坂路コースで終い重点の追い切り。
全体54.1秒、ラスト1F12.2秒を馬なりで計時してきた。
レースでも調教同様の鋭い脚が使えるかどうか、そこに尽きるだろう。


(8枠11番:ダノンメジャー)
前走のホープフルS(G2)では良いところがみられずに9着と負けてしまった。
中間は坂路コースを中心にしっかりと負荷を掛けられる内容。
状態面は引き続き好調を維持しているように感じる。
先週は坂路で51秒台、今週は全体52.7秒、ラスト1F12.9秒と及第点。
特段調教で動く馬ではないため、時計面は気にしなくて問題なさそうだ。
東京コースに代わることが大きなプラス材料になること間違いなし。

【予想 京都11R 京都記念(G2)】楽しみな2強対決! 並んで叩き合いならキズナかなと。

【調教展望】京都11R 京都記念(G2)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿