きさらぎ賞(G3)は牝馬ルージュバックの独り舞台となって、牡馬勢は食い下がるのに精一杯。

しかし、今週はそのルージュバックのインパクトを塗り替えてしまうのではないか、と期待の高い、

『ドゥラメンテ』

が日曜日の東京のメインレース「共同通信杯(G3)」に出走予定。

昨年のイスラボニータや3年前のゴールドシップなど、クラシックに直結するレースと言って過言はないレースだけに、しっかりと過去10年の勝馬データを基に、気付きや傾向など割り出してみたい。

早速見ていこう!


2014年優勝馬 イスラボニータ
(2014年優勝馬 イスラボニータ)


過去10年の共同通信杯(G3)の勝馬データ


※共同通信杯(G3)・・・(東京)芝1800m
【過去10年の勝ち時計とペース】
開催年 勝馬 タイム 馬場 ペース
2014年 イスラボニータ 1:48.1 S(スロー)
2013年 メイケイペガスター 1:46.0 S(スロー)
2012年 ゴールドシップ 1:48.3 S(スロー)
2011年 ナカヤマナイト 1:48.5 S(スロー)
2010年 ハンソデバンド 1:48.2 S(スロー)
2009年 ブレイクランアウト 1:47.3 M(平均)
2008年 ショウナンアルバ 1:47.6 M(平均)
2007年 フサイチホウオー 1:47.7 S(スロー)
2006年 アドマイヤムーン 1:48.4 S(スロー)
2005年 ストーミーカフェ 1:47.8 M(平均)

過去10年全て良馬場で行われている。
雨や雪が降って馬場が重たくなった場合はある意味参考外のレースになるかも知れない。
東京コースということもあり、ハイペースでの決着はない。
まだ明け3歳ということもあり脚質が定まっていない馬が多いはず。
決め手を持っている馬がやはり有利ということか。


【人気】
・1番人気 4頭
・2番人気 2頭
・3番人気 2頭
・4番人気 1頭
・6番人気 1頭

勝馬の人気はほぼ上位人気と言っていいだろう。
過去10年の単勝平均配当は548円と比較的平穏。
上位人気馬を素直に信頼して良い結果と言えるのでは。


【斤量】
・56キロ 5頭
・57キロ 4頭
・58キロ 1頭

2015年は58キロを背負う馬はいない。
斤量を背負うことがハンデになるということはなさそう。
素直に実績面による強みだと捉えて問題ないような感じも受ける。
別定戦だけに、出走が確定すれば今回57キロを背負うのはダノンメジャーということになる。


【前走からの間隔】
・中2週 1頭
・中3週 1頭
・中5週 1頭
・中6週 2頭
・中7週 3頭
・中8週以上 2頭

前走からの間隔は、中2週~中8週以上の馬とバラエティに富んでいる。
特にローテーションに拘る必要はなさそうだ。
拘るなら、馬の状態ということだろう。

【前走の着順】
・1着 4頭
・2着 4頭
・3着 2頭

非常に興味深い結果が出た。
前走で4着以下の馬は過去10年で勝っていない。
これは素直に信頼したいデータ。
前走着順は良し悪しが、状態面に直結しているということなのだろう。


【前走のレースの格】
・G1 2頭
・G2 0頭
・G3 4頭
・オープン 3頭
・条件クラス 1頭

ここも顕著な結果が出ている。
勝馬の9割が前走オープンクラス以上のレース。
やはり、まだ若駒だけにレースレベルの高い経験をしていることが大きな強みになっているのだろう。


【枠順】
・1枠 1頭
・2枠 2頭
・3枠 2頭
・4枠 0頭
・5枠 2頭
・6枠 1頭
・7枠 1頭
・8枠 0頭

4枠と8枠からは勝馬が出ていないが、枠順からは特別顕著な傾向が出ているとは言えないだろう。


【種牡馬データ:勝率】
・1位 ディープインパクト(15.6%)
・2位 ダイワメジャー(12.8%)
・3位 ブライアンズタイム(12.5%)


【種牡馬データ:複勝率】
・1位 ディープインパクト(41.9%)
・2位 ダイワメジャー(33.3%)
・3位 ブライアンズタイム(29.2%)

※データは京都記念登録馬による2012年からの過去3年強の東京芝1800mでの種牡馬実績
※最低出走回数は10回以上の種牡馬が対象


データを見る限り、勝率(1着)、複勝率(3着以内)はともに種牡馬の順位変動はない。
それだけ、東京の1800m戦では安定した成績を残せているのだろう。
今回は素直にディープインパクト産駒を狙ってみたいところ。


上記において、過去10年の共同通信杯(G3)の勝馬データを算出してみました。

いかがだったでしょうか。

注目の登録馬、『ドゥラメンテ』が気になるところですね。

逆にもう1頭の注目馬、「アヴニールマルシェ」がデータ面をすべてクリアしているだけに、死角が見当たりません。


果たして、どんなレースになるのか、待ち遠しいですね。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【調教展望】東京11R クイーンカップ(G3)(2015年)

【データ】過去10年の勝馬データから、京都記念(G2)を占う(2015年ver)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿