『ハープスター vs キズナ』

それを聞いただけでも、思わず

「その対決見たいっ!」

って気持ちにさせられてしまう。

それが、2015年の京都記念(G2)で実現される。

軍配はどちらに上がるのか、はたまた2頭以外に上がるのか、

過去の勝馬達のデータを参考にしたいところ。


2007年優勝馬 アドマイヤムーン
(2007年優勝馬 アドマイヤムーン)


過去10年の京都記念(G2)の勝馬データ


※京都記念(G2)・・・(京都)芝2200m
【過去10年の勝ち時計とペース】
開催年 勝馬 タイム 馬場 ペース
2014年 デスペラード 2:16.0 S(スロー)
2013年 トーセンラー 2:12.5 S(スロー)
2012年 トレイルブレイザー 2:12.4 M(平均)
2011年 トゥザグローリー 2:13.9 S(スロー)
2010年 ブエナビスタ 2:14.4 S(スロー)
2009年 アサクサキングス 2:14.6 M(平均)
2008年 アドマイヤオーラ 2:13.6 S(スロー)
2007年 アドマイヤムーン 2:17.2 S(スロー)
2006年 シックスセンス 2:13.5 M(平均)
2005年 ナリタセンチュリー 2:15.7 M(平均)


過去のレースの傾向としては、ハイペースにはなりにくいということか。
時季的なこともあり、フルゲートになりにくいレースとなのだろう。
よって、おのずとペースが落ち着きやすい傾向にあるのかも知れない。
2015年も登録馬を見る限り、この傾向に当てはまりそうだ。


【人気】
・1番人気 4頭
・2番人気 2頭
・3番人気 1頭
・5番人気 1頭
・6番人気 2頭

1番人気で1着になったのは4頭とまぁまぁの信頼度。
近2年は6番人気の馬が勝っているが、大荒れしているということではない。
人気面からは上位人気の馬を信頼しても良さそうな感じを受けるレース。


【年齢】
・4歳 5頭
・5歳 3頭
・6歳 2頭

狙いどころは4~6歳。
7歳以上は多少割引と考えておいた方が良さそうなデータ。


【性別】
・牡馬 9頭
・牝馬 1頭

出走頭数の割合を考えれば、牝馬が特に不利ということはない。
ただ、牝馬で勝ったのはブエナビスタだけに、G1級の力を持った馬がより好ましいだろう。


【前走からの間隔】
・中5週 1頭
・中7週 2頭
・中8週 3頭
・中9週 1頭
・中10週以上 3頭

前走からの間隔では、連闘や中1週の強行軍からの勝馬は出ていない。
逆に中5週以上とある程度間隔を開けている馬が勝利している。
中10週以上と休養明けの馬も3頭も勝っており、休み明けでも特に不利ではないという結果が出ている。


【前走の着順】
・1着 0頭
・2着 4頭
・3着 1頭
・5着以下 5頭

非常に興味深い結果となった。
前走で1着だった馬は過去10年で1頭もいない。
逆に前走が5着以下だった馬が5頭もおり、前走の着順は特に気にする必要はなさそうだ。


【前走のレースの格】
・G1 4頭
・G2 1頭
・G3 2頭
・海外G1 3頭
・オープン 0頭
・条件クラス 0頭

ここも顕著な結果が出ている。
前走が条件クラスやオープンクラスだった馬は勝てていない。
前走が海外(香港)を使っていた馬が3頭も勝っており、ローテーション的には最良なのだろうか。
少なくとも前走レースの格はG3以上は必要なレースだ。


【枠順】
・1枠 1頭
・2枠 1頭
・3枠 1頭
・4枠 0頭
・5枠 1頭
・6枠 3頭
・7枠 0頭
・8枠 3頭

枠順には顕著な傾向が出ている。
6枠と8枠から3頭ずつ勝馬が出ている。
開催期間後半ということもあり、芝が荒れていることが想定されるだけに、直線で外に出しやすい枠がより走りやすいということだのだろう。


【種牡馬データ:勝率】
・1位 ディープインパクト(18.8%)
・2位 マンハッタンカフェ(8.0%)
・3位 タニノギムレット(6.3%)


【種牡馬データ:複勝率】
・1位 ディープインパクト(42.0%)
・2位 キングカメハメハ(22.2%)
・3位 マンハッタンカフェ(20.0%)

※データは京都記念登録馬による2012年からの過去3年強の京都芝2200mでの種牡馬実績
※最低出走回数は10回以上の種牡馬が対象


データを見る限り、勝率(1着)、複勝率(3着以内)ともにディープインパクトが圧倒的。
今回はハープスターとキズナには逆らってはいけない、ということだろうか。



上記において、過去10年の京都記念(G2)の勝馬データを算出してみました。

いかがだったでしょうか。

注目の登録馬、ハープスターとキズナは全てのデータをクリアしているし、この2頭の一騎打ちの様相になるのでしょうか。

他には金杯をレコード快勝したラブリーデイなど、どこまで力が通用するのでしょうか。

考えるだけで楽しいレースですね。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【データ】過去10年の勝馬データから、共同通信杯(G3)を占う(2015年ver)

【調教展望】東京11R 東京新聞杯(G3)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿