2月7日(土)京都11R、ダート1400m

すばるステークスの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 メイショウノーベル 2/4 CW 82.9 - 67.0 - 52.4 - 38.5 - 12.7 一杯
1枠 2番 レッドアルヴィス 2/4 栗坂 53.8 - 39.4 - 25.7 - 12.9 強め
2枠 3番 フリートストリート 2/4 CW 83.9 - 67.1 - 51.9 - 37.8 - 12.2 強め
2枠 4番 タイセイファントム 2/4 栗坂 52.2 - 37.7 - 24.7 - 12.3 一杯
3枠 5番 グレイスフルリープ 2/4 栗坂 53.4 - 39.0 - 25.4 - 12.8 仕掛
3枠 6番 ブライトライン 2/4 栗坂 53.1 - 39.4 - 26.5 - 14.0 一杯
4枠 7番 デザートオアシス 2/4 栗坂 52.4 - 38.2 - 25.0 - 12.9 一杯
4枠 8番 ジョヴァンニ 2/4 CW 84.9 - 68.4 - 53.1 - 39.4 - 12.4 馬也
5枠 9番 モグモグパクパク 2/4 南W - - 52.6 - 38.7 - 12.4 馬也
5枠 10番 キングヒーロー 2/4 栗坂 54.3 - 39.5 - 26.0 - 13.4 一杯
6枠 11番 ナガラオリオン 2/4 CW 83.7 - 67.2 - 52.0 - 38.0 - 12.0 一杯
6枠 12番 ミヤジエルビス 2/4 栗坂 53.9 - 39.4 - 25.5 - 12.8 強め
7枠 13番 メイショウマシュウ 2/4 DP 84.8 - 68.0 - 53.9 - 40.0 - 13.0 仕掛
7枠 14番 セイカプリコーン 2/4 DP 66.9 - 51.5 - 36.8 - 11.5 馬也
8枠 15番 タールタン 2/4 栗坂 52.2 - 38.4 - 25.4 - 12.9 強め
8枠 16番 アドマイヤサガス 2/4 栗坂 55.3 - 39.2 - 24.8 - 12.0 馬也

【◎ピックアップ!】

(2枠4番:タイセイファントム)
近走は月1回ペースでレースを使われているが、惜敗だったり惨敗だったりとイマイチ気難しい馬のような感じを受ける。
今回も大きくは変わらずといったところだろうけど、今週の坂路コースでの追い切りでは鋭い動きを見せた。
全体時計で52.2秒、ラスト1F12.3秒と動きは上々。
今回の調教の動きの良さが、ワンパンチ不足の面を補ってくれる可能性があるのではないかとも見れる。
注目して観たい1頭だ。


(3枠5番:グレイスフルリープ)
前走の1600万条件を勝利して、昇級戦の1戦となる。
1月の半ばから入念に乗り込まれており、力を存分に発揮できる態勢は整ったと見ていいだろう。
週2本、それなりの時計を出しており、状態面の強化が結果にどのように結びつくか興味深い。
状態面の好調さを活かして、どこまでやれるかだろう。


(8枠15番:タールタン)
前走はこの馬にとって、忙し過ぎる流れだったか。
中間はしっかりと乗り込まれており、4週に渡って坂路で速い時計を出されている。
中間は、坂路コースでしっかりと乗り込まれており、速い時計を連発している。
今週は全体52秒台、ラスト1Fを12秒台でまとめており、上々の動き。
1400mという距離で改めて見直したい1頭。


(8枠16番:アドマイヤサガス)
前走は芝の重賞で惨敗を喫しているが、度外視していいだろう。
本来はダートでの方が実績があり、力を出せるはず。
中間は、坂路コースでしっかりと乗り込まれており、速い時計を連発している。
1週前に50秒台と一杯に追い切られて、今週は終い重点の「鉄板」仕上げ。
力を発揮できる態勢は整ったとみて、調教内容通りの鋭い脚を繰り出せば58キロもこなせるのではないか。

【予想 京都11R すばるS】混戦に武豊が一刀両断! 総合力で制するのはこの馬だ!

【調教展望】東京11R 白嶺ステークス(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿