2月7日(土)東京11R、ダート1600m

白嶺ステークスの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 マヤノオントロジー 2/4 栗坂 56.0 - 41.2 - 27.0 - 13.3 強め
1枠 2番 ティアップレーヴ 2/4 美坂 55.5 - 40.2 - 26.0 - 13.2 仕掛
2枠 3番 スズカヴィグラス 2/4 北C 66.4 - 51.8 - 37.9 - 12.5 馬也
2枠 4番 ブラインドサイド 2/4 南W 68.0 - 54.2 - 39.5 - 12.9 一杯
3枠 5番 サウンドトゥルー 2/4 美坂 55.7 - 40.4 - 26.3 - 13.1 馬也
3枠 6番 ナンヨーマーク 2/4 栗坂 55.9 - 40.2 - 25.7 - 12.9 仕掛
4枠 7番 スザク 2/4 CW 81.6 - 66.4 - 52.6 - 39.2 - 12.7 馬也
4枠 8番 アールデュラン 2/4 南W 67.1 - 51.5 - 38.3 - 12.4 馬也
5枠 9番 セイカフォルテ 2/4 南W - - 52.5 - 38.6 - 12.7 一杯
5枠 10番 オリオンザジャパン 2/4 美坂 55.0 - 39.6 - 25.7 - 12.9 強め
6枠 11番 ダノンハラショー 2/4 栗坂 55.8 - 40.7 - 26.5 - 13.2 一杯
6枠 12番 イースターパレード 2/4 栗坂 54.1 - 38.7 - 25.6 - 13.0 一杯
7枠 13番 シンゼンレンジャー 2/4 栗坂 53.0 - 38.6 - 25.5 - 12.8 一杯
7枠 14番 ダンシングミッシー 2/4 美P 66.8 - 50.9 - 37.2 - 11.9 馬也
8枠 15番 オソレイユ 2/4 栗坂 55.7 - 40.1 - 26.1 - 12.8 馬也
8枠 16番 ピンポン 2/4 栗坂 57.0 - 40.8 - 25.6 - 12.3 一杯

【◎ピックアップ!】

(8枠16番:ピンポン)
前走の阪神のレースでは位置取りが後ろ過ぎたことに尽きるだろう。
自身は上がり35.6秒と1番の上がり時計を計時していたが、末脚の爆発力と位置取りの兼ね合いは難しいのだろう。
少し間隔を開けての出走となるが、中間の乗り込み量は入念で、2週前、1週前と坂路で52秒台を計時している。
今週は輸送も考慮してか、終い重点の追い切りだったが、ラスト1Fを12.3秒と鋭い動き。
末脚は確実なものを持っているだけに、後はハンデと展開が向くかどうかだろう。
状態面は引き続き好調を保っているように思われる。


調教内容から状態面の窺えたのはピンポンの1頭のみ。
他の馬については、特に状態に不備があるということではなく、普段通りといった感じを受けた。
ただ、14番ダンシングミッシーについては、2ヵ月以上間隔を開けての出走になるが、時計になるところが2本と仕上がり面に不安を感じる。

【調教展望】京都11R すばるステークス(2015年)

競馬予想に必要な3種の神器の1つ、ペース判断指標の「RPCI」を知っていますか?

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿