1月31日(土)京都11R、ダート1800m

北山Sの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ライジングサン 1/28 栗坂 54.8 - 40.1 - 26.2 - 13.1 一杯
2枠 2番 キクノソル 1/28 栗坂 53.0 - 38.6 - 25.4 - 12.7 一杯
3枠 3番 ワンダーアシャード 1/28 栗坂 52.4 - 37.4 - 24.6 - 12.2 一杯
4枠 4番 セイスコーピオン 1/28 CW 85.2 - 69.3 - 54.7 - 40.7 - 13.1 一杯
4枠 5番 ヒラボクプリンス 1/28 CW 84.0 - 68.7 - 54.2 - 39.9 - 13.3 一杯
5枠 6番 コルージャ 1/28 CW 89.5 - 74.0 - 59.5 - 45.1 - 15.8 馬也
5枠 7番 ナリタハリケーン 1/28 CW 82.9 - 67.0 - 51.7 - 37.5 - 12.4 一杯
6枠 8番 サンライズスマート 1/28 栗坂 53.8 - 39.0 - 25.4 - 12.7 一杯
6枠 9番 アサクサショパン 1/28 DP 80.2 - 64.3 - 50.1 - 36.8 - 11.8 一杯
7枠 10番 キタサンシンガー 1/28 栗坂 54.7 - 39.0 - 24.9 - 12.1 一杯
7枠 11番 アドマイヤランディ 1/28 栗坂 57.0 - 42.1 - 27.9 - 14.1 馬也
8枠 12番 エクストラゴールド 1/28 CW 83.9 - 67.1 - 52.1 - 38.2 - 12.7 一杯
8枠 13番 コウユーヒーロー 1/28 CW 85.1 - 68.2 - 53.1 - 39.0 - 12.5 一杯

【◎ピックアップ!】

(3枠3番:ワンダーアシャード)
前走は勝馬に引き離されてしまったが、いつものポジションより少し後ろ目でレースを運んだことが影響したのか。
切れ味のあるタイプではなく、持続力で勝負するタイプだけに、ハイペースになると辛い馬でもある。
ただ中間の調教を見る限り、坂路で入念に乗り込まれており、先週、今週と全体52秒台の好時計。
今週はラスト1Fも12.2秒と最後まで非常に鋭い動き。
引き続き良い状態を保っていると推測できる。
リーディングの鞍上がどのようにコントロールするのか、否が応でも注目が集まる。


調教内容から注目したいのは、ワンダーアシャード1頭だけ。
他の馬に関しては特に良い悪いということはなく、いつも通りといったところ。
頭数は13頭と少ないが、1600万条件ではいつ勝ってもおかしくない馬達が集った。
速い時計の決着が想定される京都コースだけに、展開面もしっかり考慮したいところ。

【予想 東京11R 白富士S】開幕、内枠、実績、安定感良しなら3着以内は確実ではないかと。

【調教展望】東京11R 白富士S(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿