1月25日(日)京都11R、芝1600m(ハンデ)

石清水Sの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ウインスプラッシュ 1/21 栗坂 55.2 - 40.6 - 26.9 - 13.8 強め
1枠 2番 トーセンソレイユ 1/21 CW 84.8 - 69.2 - 54.3 - 39.9 - 12.3 馬也
2枠 3番 イリュミナンス 1/21 栗坂 52.9 - 38.7 - 25.5 - 13.0 一杯
2枠 4番 ブレークビーツ 1/22 栗坂 52.3 - 38.5 - 25.4 - 12.8 一杯
3枠 5番 ハーコット 1/21 南W - - 53.0 - 39.2 - 12.7 馬也
3枠 6番 アイウォントユー 1/21 栗B 80.1 - 65.5 - 51.5 - 38.6 - 12.3 一杯
4枠 7番 ドリームトレイン 1/21 栗坂 53.2 - 38.4 - 24.8 - 12.6 一杯
4枠 8番 フレイムコード 1/21 CW 84.5 - 70.5 - 56.7 - 43.1 - 13.5 馬也
5枠 9番 ダイシンサンダー 1/21 CW 82.8 - 66.7 - 52.3 - 38.1 - 12.3 強め
5枠 10番 ウインプリメーラ 1/21 栗坂 55.0 - 39.2 - 24.7 - 12.2 仕掛
6枠 11番 ハナノシンノスケ 1/21 栗坂 56.7 - 41.0 - 26.3 - 12.9 一杯
6枠 12番 ゴールドベル 1/21 栗坂 53.3 - 38.2 - 24.7 - 12.5 仕掛
7枠 13番 プリンセスジャック 1/21 栗坂 54.2 - 40.1 - 26.4 - 13.4 強め
7枠 14番 ノボリディアーナ 1/21 栗坂 54.3 - 40.1 - 26.5 - 13.6 仕掛
8枠 15番 ハーキュリーズ 1/21 CW 69.8 - 53.7 - 38.8 - 11.9 馬也
8枠 16番 マルタカシクレノン 1/21 栗坂 53.9 - 39.3 - 26.0 - 13.5 馬也

【◎ピックアップ!】

(4枠8番:フレイムコード)
1000万条件クラスを勝ってからは、積極的にオープンクラスのレースや重賞レースに使われている。
負けはしているが、自己条件に戻った時にどうなのかをしっかりとメモリを合わせたい馬。
前走の愛知杯から1ヵ月の間隔を開けてのレース。
中間の調整はこの馬にペースに合わせてという感じ。
実質的な追い切りは18日の日曜日に坂路コースで51秒台の好時計を出されている。
今週は息を整える程度で仕上がり具合はとても良さそう。
ハンデ戦だけに、状態面からは狙ってみたい1頭だ。


(5枠10番:ウインプリメーラ)
夏場からずっと安定した成績を残している。
恐らく状態の良い時にレースを迎えるような調整内容になっているからだろう。
今回も調整に抜かりはなくしっかりと追い切られている。
今週は坂路コースの終い重点の追い切りで、ラスト1F12.2秒と鋭い動きでまとめてきた。
引き続き状態を維持しているような感じだし、好レースが期待できそう。

【データ】過去10年の勝馬データから、根岸S(G3)を占う(2015年ver)

【予想 中山11R アメリカJCC(G2)】不動の芦毛の怪物

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿