1月24日(土)中山11R、ダート1800m

アレキサンドライトSの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 グレイレジェンド 1/21 CW 81.8 - 66.5 - 52.2 - 38.7 - 13.2 強め
1枠 2番 ギャザーロージズ 1/21 南D - - 53.2 - 38.7 - 12.5 強め
2枠 3番 リッカルド 1/21 南W - - 54.5 - 40.3 - 12.7 馬也
2枠 4番 ヴァンガード 1/21 美坂 53.5 - 38.9 - 25.7 - 13.0 馬也
3枠 5番 スプリングシーズン 1/21 栗坂 53.2 - 38.9 - 25.3 - 12.9 一杯
3枠 6番 コスモシャンハイ 1/21 南W 71.0 - 55.1 - 39.8 - 12.5 仕掛
4枠 7番 テンペル 1/21 栗坂 54.9 - 39.7 - 25.9 - 12.9 一杯
4枠 8番 サンバビーン 1/21 南W 67.8 - 53.0 - 39.5 - 13.2 馬也
5枠 9番 ティアップレーヴ 1/21 美坂 54.5 - 39.4 - 25.7 - 12.8 馬也
5枠 10番 アドマイヤジャコモ 1/21 DP 80.0 - 64.7 - 51.1 - 38.0 - 11.7 馬也
6枠 11番 ダイヤノゲンセキ 1/21 CW 82.7 - 67.2 - 52.1 - 40.0 - 13.7 一杯
6枠 12番 ベルゲンクライ 1/21 南W 82.3 - 66.4 - 51.5 - 37.4 - 12.3 強め
7枠 13番 エルマンボ 1/21 南W - - 54.5 - 39.4 - 12.7 強め
7枠 14番 マイネルバウンス 1/21 美坂 55.9 - 41.4 - 27.8 - 14.1 馬也
8枠 15番 ヴォルケンクラッツ 1/21 栗坂 51.8 - 38.7 - 25.7 - 13.1 仕掛
8枠 16番 ショウナンアポロン 1/21 南W 67.6 - 52.1 - 38.3 - 12.8 強め

【◎ピックアップ!】

(2枠4番:ヴァンガード)
前走は約7ヵ月振りのレースだったが、勝馬からは0.4秒差と仕上がり感は見せていた。
今回は2走目となるが、入念に調整されていて、先週、今週としっかりと坂路で時計を出されている。
元々このクラスでは力上位の実績を残しているし、その時の状態に近づいているのではないか。
順当に2走目の上積みに期待したい1頭。


(3枠5番:スプリングシーズン)
前走は約8ヵ月振りの休養明けを叩かれて中2週で使ってきた。
レースは大敗したが、1度叩いたことにより馬が走る気を起こしたかのような調整内容。
1週前の15日、18日、21日とそれなりの時計を坂路で計時している。
疲労を抱えた馬にはできない芸当だろう。
この馬も2走目の上積みが大きな1頭と言えるのではないか。


(6枠12番:ベルゲンクライ)
ダートに矛先を変えてから目下2連勝中と波に乗っている。
中間の調教も申し分なく、今週は南Wコースで6F82秒台、ラスト1Fを12前半と調子の良さを見せた。
昇級戦になるけど、前走で見せた差し脚は恐らくこのクラスでも通用するものだろう。
絶好調と思われるだけに、状態の良さから推したい1頭。


(8枠15番:ヴォルケンクラッツ)
間隔を2ヵ月開けて出走してきた。
中間の調整はしっかりと乗り込まれており、立て直し効果が期待できそうな内容。
坂路コース主体で追い切られていて、しまい1Fの時計がなかなか13秒を切ることができない馬のようだ。
ただ、今週の時計は全体が51秒台ながら、ラスト1Fは13.1秒とかなりの踏ん張りを見せた。
大型馬だけに後1本速いところが欲しい感じもするけど、レースでは力を発揮できる状態にあるだろう。
調教の好時計がレースに直結するかどうか、注目したい1頭だ。

【調教展望】中山11R アメリカJCC(G2)(2015年)

【予想 京都11R 京都牝馬S(G3)】54キロでいいの? 総合力ではやはり1枚上の決め手の持ち主

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿