土曜日の京都のメインレースは「大和S」ということで、個人的には京都コースの短距離ダートは非常に難解だと思っている。

なかなかその境地に辿り着けないけど、予想を積み重ねることにより、傾向を掴んでいきたいと思う。

展開予想


それでは、早速展開予想。

馬場状態は恐らく「重」の状態でレースが施行されることを前提に予想していきたいと思う。

まずは、どの馬がハナを切りそうなのか。

内から、キズマ、ケビンドゥ、サウンドガガ、カフェシュプリーム、ガンジス、フリートストリートなど、どの馬がハナを切っても良い馬たちが揃っている。

ペースは必然的に速いものになるだろうと思う。

脚抜きの良い馬場状態も手伝って、走破時計は1分23秒を割ってくるだろう。

差し馬であれば、ラスト3F35秒を切る脚を使える馬でなければ、圏内に来るのは難しいだろうと思う。

その点を踏まえて、1頭ずつ見ていこう。


システマチック予想


1頭ずつ、【実績】【決め手】【斤量】【状態】【レースレベル経験】【距離経験】【騎手】【好調教】というファクターで見ていこうと思う。

実績面では

・4番サウンドガガ
・13番ジョヴァンニ

あたりを上位に見立てておきたい。


斤量面では、3番ローブデソワが明け4歳ということで重み付けしておきたいと思う。


状態面では、良いというよりも、少し心配な馬がいた。

・13番ジョヴァンニ
・16番エアウルフ

の2頭。

調教は軽めの調整で大丈夫なのかも知れないけど、少しマイナスに捉えておきたいと思う。


騎手の面では外国人ジョッキーへの乗り代わりはプラスに捉えておきたいところ。

その他、乗り代わりも多いので、乗り慣れていないジョッキーになる場合は少しマイナスに考えたい。


決め手、という点では15番シセイオウジあたりが1番だと思うけど、京都の重馬場だと後方からはしんどいだろうと思う。

中団、先行勢で粘り強そうなのは、

・2番ケビンドゥ
・4番サウンドガガ
・7番ガンジス
・12番キクノストーム
・14番ゴーイングパワー
・16番エアウルフ

あたりかと。


その他で重馬場経験では、

・1番キズマ
・2番ケビンドゥ
・10番フリートストリート
・13番ジョヴァンニ
・14番ゴーイングパワー
・16番エアウルフ

あたりを少しプラスにして捉えておきたい。


多くのファクターで1頭ずつ見ていくと、総合力はほとんど差がない様に思える。

軸馬にしたい候補は

・2枠3番ローブデソワ
・2枠4番サウンドガガ
・7枠14番ゴーイングパワー
・8枠16番エアウルフ

と4頭残った。

ローブデソワは内で揉まれたときどうかという面がある。

サウンドガガは斤量が56キロと先行争いがプラスになるとは思えない。

エアウルフは休養明けで状態面が完調には思えない。


ということで、消去法で

・7枠14番ゴーイングパワー

を軸にして馬券を購入したいと思う。


買い目は以下の通り

(3連複フォーメーション)
14 - 2,3,4,5,7,12,13,15,16 (36通り)


ゴーイングパワーはあまり人気がないから、この馬が来るなら大きく荒れそうな感じもしそう。

うまく先行争いを避けて乗って欲しいと思う。


がんばれ! 和田君!

【調教展望】京都11R 日経新春杯(G2)

【予想 中山11R ニューイヤーS】それでもギャラント! 休養明け、初騎乗、中山コース不向きも総合力で仕方なし!

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿