1月12日(月)中山11R 芝1200m 牝馬別定戦


<フェアリーSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 テンダリーヴォイス 1/8 南W - - 54.0 - 40.1 - 12.9 馬也
1枠 2番 コートシャルマン 1/8 栗坂 56.7 - 40.6 - 26.1 - 12.8 馬也
2枠 3番 ヤマタケマツリ 1/8 南W 83.5 - 68.7 - 53.9 - 39.6 - 13.1 強め
2枠 4番 ノットフォーマル 1/7 美P 67.0 - 50.9 - 37.4 - 11.8 馬也
3枠 5番 トラストレイカ 1/8 美坂 54.2 - 38.2 - 25.0 - 12.6 仕掛
3枠 6番 オーミアリス 1/8 CW 68.3 - 52.2 - 37.9 - 12.3 仕掛
4枠 7番 ハナズプルメリア 1/8 美坂 58.5 - 43.1 - 28.5 - 14.4 馬也
4枠 8番 マラケシュ 1/8 南W 65.4 - 51.3 - 37.2 - 12.6 一杯
5枠 9番 エヴァンジル 1/8 南W 67.8 - 51.7 - 37.6 - 12.4 仕掛
5枠 10番 カービングパス 1/8 南W - - 53.2 - 39.3 - 12.9 馬也
6枠 11番 ナイアガラモンロー 1/8 南W 67.6 - 52.5 - 38.6 - 12.9 馬也
6枠 12番 ギンザヴィクトリア 1/8 南W - - 52.7 - 39.4 - 12.6 強め
7枠 13番 アドマイヤピンク 1/8 南W 84.8 - 68.7 - 53.4 - 39.3 - 13.0 G強
7枠 14番 メイショウメイゲツ 1/8 美坂 57.5 - 41.3 - 26.4 - 12.3 馬也
8枠 15番 ローデッド 1/8 栗坂 55.3 - 40.0 - 26.0 - 12.8 強め
8枠 16番 トーセンラーク 1/8 南W 84.0 - 68.1 - 53.3 - 39.0 - 12.4 仕掛

【◎ピックアップ!】

(3枠5番:オーミアリス)
前走の阪神JF(G1)では休養明けぶっつけで挑んだが直線では伸びきれなかった。
マイルという距離も初めてで、馬の反応を見ながら運んだ結果が4コーナー最後方という位置取りになったのだろうか。
ただ、1度マイルを経験して再度マイル戦に挑んでくるあたり、距離不安はないということだろう。
1度叩いたことにより、調教もしっかりと動けている。
今週はCWコースで終い重点の追い切りで、ラスト1Fを仕掛けられると12.3秒と鋭い動きでフィニッシュ。
順当に叩き2走目の上積みが期待できそうだ。


(5枠9番:エヴァンジル)
使われつつ徐々に調子を上げるタイプだろうか。
中2週ながら、前走後はしっかりと乗り込まれており、調子は良さそうな感じを受ける。
今週の調教では、南Wコースで5F67秒台、ラスト1Fを仕掛けて12.4秒を計時した。
相手は一気に強くなるが、状態面の上昇度から注目してみたい1頭だ。



休養明けの馬の出走はなく、乗り込み量が不足している馬は見当たらなかった。
前走が未勝利を使っていた馬から、G1を使っていた馬までバラエティに出走していて、その力関係の比較は非常に難しいだろう。
キャリアの浅い3歳牝馬戦だけに、まずは状態面から紐解いておきたい。

【調教展望】京都11R 淀短距離S

【予想 中山11R ポルックスS】また見たい、その切れ味! 相性の良い中山コースに久々に凱旋で好レースを!

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿