イッシンドウタイ

昨年は1~3番人気の馬がそのまま上位を占めたレースであるけど、今年はどうなるのか、そんなことを気にしながら、日曜日のメインレースの「ポルックスS」を予想してみたいと思う。

ダートの別定戦で、これから重賞戦線で活躍の場を広げていきそうなメンバーといったところか。

16頭が出走予定で、しっかりと展開予想をして、馬券的中に繋げたいと思う。


展開予想


ハナを切りたいのは、前走を見る限りでは16番ノースショアビーチだろうと思う。

12番ロイヤルクレストも理想はハナと陣営は言っているけど、この馬は途中からでも先手を奪えれば問題のない馬。

ノースショアビーチの前走を見ている限りでは、今回もある程度飛ばして行くのだろうと思う。

ペースは少しハイペースになると予想しよう。

走破時計もその分速くなるだろうから、1分53秒を割ってくるのではないかと想定しておこう。


システマチック予想


展開の想定ができたから、後は1頭ずつ見ていって軸馬を決定したいと思う。

使用するファクターは、【決め手】【状態】【好調教】【騎手】【実績】【斤量】の6つ。


決め手の面では、今回はペースが速くなるという見込みから

・12番ロイヤルクレスト
・13番イッシンドウタイ

の2頭が結果を出している馬だけにチェックしておきたい。


調教が良いと思った馬は

・4番グレートチャールズ
・10番トウシンイーグル

の2頭かなと。

(参考記事)
【調教展望】中山11R ポルックスS


斤量面では、明け4歳の馬をしっかりとチェックしておきたい。

後は、12番ロイヤルクエストの58キロがどう響くかもしっかりと頭を悩ませたい。


騎手の面では、

・1番タイムズアロー(ベリー)
・5番インパルスヒーロー (ブノワ)

の2頭は外国人騎手に乗り代わりをプラス材料として捉えたい。

逆に、7番サンマルデュークあたりの乗り代わりは少しマイナスとして捉えておきたい。


と、個々のファクターで色々と検討しながら、総合的に選び出したのは

・7枠13番:イッシンドウタイ

ということになった。


よって、この馬を軸に馬券を購入したいと思う。

馬券は3連複で買い目は以下の通り。

(3連複フォーメーション)
13 - 1,4,6,7,9,10,12,15,16 (36通り)



鞍上が横典に戻るのも非常に魅力。

あまり人気もしていないし、思い切った騎乗が見られるように思う。

2走前のみやこS(G3)ではこの馬の真骨頂を見たような気がした。

毎回力をフルに発揮できる馬ではないのかも知れないけど、ここでは期待したいと思う。


がんばれ! ノリ!

【調教展望】中山11R フェアリーS(G3)

【調教展望】中山11R ポルックスS

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿