<1月10日(土)招福Sの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ゴールデンヒーロー 1/7 栗坂 57.2 - 41.6 - 27.3 - 13.7 馬也
1枠 2番 ティアップレーヴ 1/5 美坂 56.7 - 40.5 - 26.3 - 12.9 一杯
2枠 3番 バーディーイーグル 1/8 美坂 52.7 - 38.5 - 25.5 - 12.9 仕掛
2枠 4番 オメガスカイツリー 1/7 南W 71.2 - 56.3 - 41.4 - 13.3 馬也
3枠 5番 マイネルバウンス 1/9 美坂 61.7 - 44.8 - 30.1 - 15.5 馬也
3枠 6番 セイカフォルテ 1/8 南W - - 53.2 - 38.6 - 12.8 一杯
4枠 7番 ダノンミル 1/8 CW 70.8 - 55.8 - 41.4 - 13.6 馬也
4枠 8番 ケイジータイタン 1/5 北C 66.3 - 50.6 - 37.6 - 13.2 強め
5枠 9番 テンペル 1/7 栗坂 52.8 - 38.7 - 25.7 - 13.1 一杯
5枠 10番 ベルウッドテラス 1/8 南W - - 53.1 - 39.0 - 12.9 馬也
6枠 11番 セイカフォルトゥナ 1/8 南W 67.8 - 53.4 - 39.4 - 13.4 一杯
6枠 12番 タナトス 1/7 栗坂 52.7 - 38.8 - 25.7 - 13.3 強め
7枠 13番 アドマイヤジャコモ 1/8 DP 79.6 - 64.0 - 49.6 - 36.2 - 11.5 強め
7枠 14番 ストロングサウザー 1/7 美坂 55.1 - 40.2 - 26.1 - 12.6 強め
8枠 15番 出走取り消し
8枠 16番 コウセイコタロウ 1/7 南W 79.3 - 65.4 - 52.1 - 39.3 - 13.3 一杯

【◎ピックアップ!】

(2枠3番:バーディーイーグル)
昨年のこの時季から、ずっと堅実に走り続けている。
3着以内を外していないのは、レースに行けばきっちりと力を出し切るタイプだからなのだろう。
今回は昇級戦の1戦となり、初秋からずっと使われて来ているが、調整内容から出来落ちは感じられない。
今週は美浦坂路コースで全体52秒台、ラスト1Fも12秒台でまとめており、引き続き好調を保っているだろう。
ハンデも55キロと手頃な斤量だけに、勢いで突破できるかどうかだろう。


(7枠14番:ストロングサウザー)
昇級戦の前走では、勝馬から1秒以上離されて惨敗を喫したが、クラス慣れした今回は少し違った結果を期待しても良いのかも。
中1週の競馬になるが、今週の追い切りでは、美浦坂路コースで終い重点の追い切り。
ラスト1Fを12.6秒と鋭い動きを見せ、疲れを感じさせない。
斤量も54キロと軽く、まだまだ成長が期待できる明け4歳馬だけに、この1戦は重要だろう。



1600万条件のダート1800mのハンデ戦。
16頭と多頭数で、抜けた馬の存在も見受けられない。
荒れそうな感じもするけど、前走大敗していたケイジータイタン、ベルウッドテラス、セイカフォルトゥナは人気薄だが調教内容からは特に変わり身はないだろうと思われる。
逆に人気上位馬がきっちりと水準の調教をこなしているだけに、上位拮抗のレースと言えるのではないか。

【予想 中山11R 招福S】調教、斤量、鞍上、3拍子揃ったこの馬を軸に!

【調教展望】京都11R 寿S

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿