<1月10日(土)寿Sの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ミヤビジャスパー 1/8 栗坂 52.2 - 38.3 - 24.8 - 12.1 一杯
2枠 2番 アドマイヤスピカ 1/8 CW 80.9 - 65.8 - 51.4 - 38.0 - 12.6 一杯
3枠 3番 ピオネロ 1/7 CW 83.3 - 67.1 - 52.7 - 38.4 - 12.0 強め
4枠 4番 マテンロウボス 1/8 CW 68.0 - 52.5 - 38.0 - 11.9 馬也
5枠 5番 ダイシンブラック 1/8 CW 68.8 - 52.4 - 38.1 - 13.0 馬也
6枠 6番 エーシンマックス 1/7 栗坂 55.2 - 39.6 - 25.7 - 13.1 一杯
6枠 7番 エアアンセム 1/7 CW 82.9 - 67.6 - 51.8 - 37.2 - 11.8 一杯
7枠 8番 ジェントルマン 1/8 栗坂 56.0 - 41.2 - 27.2 - 13.4 馬也
7枠 9番 サフランディライト 1/7 DP 83.4 - 66.5 - 51.3 - 37.2 - 11.0 一杯
8枠 10番 テイエムイナズマ 1/7 栗坂 53.2 - 38.3 - 25.1 - 12.8 一杯
8枠 11番 トウカイオーロラ 1/8 CW 69.4 - 53.3 - 38.5 - 12.3 一杯

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:ミヤビジャスパー)
昨年の菊花賞以来の出走となる。
ずっと中距離しか使ったことがない馬がいきなり3000mという距離はやはり長かったという印象。
鋭い切れ味を持っている馬だけに、やはり適距離に戻って見直したいところ。
中間の調整はしっかりと乗り込まれており、今週は坂路コースで好時計で追い切られた。
全体52秒台、ラスト1F12.1秒と動き、時計共に申し分なし。
明け4歳のライバル達は強力だが、この馬も力を持っているだけに、注目したい1頭。



1600万条件の芝2000mのレースで、全体の所感としては明け4歳の力比べになりそうな印象を受ける。
調教面では動きの目立つ馬としてミヤビジャスパーをピックアップした。
逆に6枠のエーシンマックスに関しては、乗り込み量が不足している面があり仕上がりが万全ではないような感じがした。
頭数が11頭と少なく、枠順の不利等もなく能力を出し切れる頭数だけにどのような結果になるか。
楽しみな1戦になりそうだ。

【調教展望】中山11R 招福S

【次走動向】有力馬の次走予定(2015/01/04時点)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿