有馬記念(G1)、とうとう待ちに待っていたレースの時がやってきた。

今年は、実力拮抗と思えるメンバーが集ったのではないかと思う。

それだけに、予想の難易度という点では高いと思うけど、しっかりと予想を組み立てて2014年を締めくくりたいレースでもある。

有馬記念の展開予想


トリッキーな中山コースということもあり、注目すべきは馬場状態と展開だろうと思う。

というか、その点に尽きるだろうと思う。

だから、展開面が外れたら馬券が外れたと思ってもいいくらい、真剣にシュミレーションをしておきたいと思う。


まず、逃げそうなのは内のヴィルシーナ。

この馬はマイルのレースだと強気に平均ペースを刻むけど、距離が延びれば自分自身が持つか分からないから無理に飛ばして行ったりはしないだろうと思う。

だから、ペースはそんなに速くならないように思う。

エピファネイアは外枠ということもあり、少し流れてくれた方がこの馬自身より力を発揮できるだろうと思う。

初騎乗の川田Jに外枠の落ち着いたペース中でエピファのコントロールを望むのは少し酷なことでもあるだろう。

いっそのこと、ペースが遅ければエピファネイアが逃げても面白いのではないかと思う。

それはないだろうけど・・・(^^;)


トゥザワールド、デニムアンドルビーあたりも前目でレースをするように思う。

トゥザワールド自身も上がりの競馬にすることは望んでいないだろうから、ペースが遅いようだと途中からハナを奪う可能性があるのではないかと思ってしまう。

デニムに関しては、逆にスローペースにしたいという1頭だろう。


後もう1頭忘れてはいけないのが、ゴールドシップ。

この馬、阪神大賞典と宝塚記念のレースを見る限り、今回は先行したいのではないかと思う。

鞍上の岩田も”思い切ったレースをする”と言っているだけに、そういう意味合いと捉えたい。

スタート次第ってところはあるだろうけど、マクリの競馬よりも先行した方が個人的にはゴールドシップは強いと感じている。


そんな感じで展開を想定してみたけど、前半の1000mはそんなに速くはならないように思う。

そして、向こう正面あたりから徐々にペースが速くなっていくという流れになると思う。

スパートの長いレースになるのはジャパンカップと変わらないけど、前半が少し緩みそうな感じがするから、脚を溜めることができる馬も出てくるだろうと思う。



土曜日のレースを見る限り、馬場は荒れており、走破時計はそんなに速くはならないだろうっていう感じを受けた。

走破時計は2分32秒前後になると想定しておきたい。


システマチック予想


まぁ、大逃げする馬がいたりハイペースの展開になったりしたら、多分馬券は外れるだろうけど展開予想にはだいぶ時間を掛けたし悔いはなし。

さぁ、気持ちを切り替えて、展開面の想定を終えたところで軸馬を選びにかかりたい。


後は、1頭1頭どのような状態・ポテンシャルを持っているのかを

【決め手】【レースレベル経験】【状態面】【好調教】【馬齢】【実績】というファクターを適応して軸馬をピックアップしていきたいと思う。


全頭比較を行ったところ、最上位にピックアップされてきたのが

 ・8枠15番:ジャスタウェイ

だった。よって素直にジャスタウェイを軸にして馬券は購入したいと思う。


ジャパンカップのレースでは、調教が全然いつもより動けてなくて、まだまだ完調手前だなって思ったけど、力のあるところを見せて2着を確保した。

改めて「強いなぁ~」って感じた。


そして今回は前走よりも全然動けているし、状態面に関する上積みは大きいように思う。

それに位置取りも中団もしくは後方からでもこの馬ならなんとかなるように思える。

「世界一」っていう称号は、なによりも『安心感』っていう代名詞になっているような・・・(^^;)


馬券は3連複で以下のような買い目で購入しようと思う。

(3連複フォーメーション)
15 - 1,4,5,6,7,9,10,13,14 (36通り)


相手は9頭選んで流し。


軸馬をピックアップした時点で、エピファネイアとゴールドシップもほとんど差のない結果だったけど、2頭とも不安材料を抱えているだけに、その点をどう考慮していくかはまた難しい。

ハマればOK! ハマらなかったらOUT! ってなる訳だし・・・。

結局はどこかで妥決していかないといけないし、馬券が外れても理由をちゃんと持って買っていれば、復習の際にまた前進できる。


2014年の最後の週を美酒で飾るか、復習で終えるか、どちらになるのか個人的にも非常に楽しみ(^^)。

みんなで有終の美を飾れますように!

がんばれ! 祐一!

【調教展望】中山9R ホープフルS(G2)

【予想 阪神11R 阪神カップ(G2)】ハイペースでも、この馬なら踏ん張れる!

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿