土曜日には阪神コースで重賞「阪神カップ(G2)」が組まれている。

出走頭数が18頭とフルゲートのG2戦で非常に難解なレースに思える。

今週は芝コースは仮柵移動があり、先週よりも多少内側がマシな状態でレースを迎えることはできるだろうと思う。

まずは、展開面からしっかりと予想をしていこうと思う。

システマチック予想


まずは、誰がハナに行きそうか。

内にフォーエバーマーク、中にハクサンムーン、外にコパノリチャードと速いのが揃った感じ。

フォーエバーマークはスタートがあまり良い馬ではないから、うまくダッシュが効けばといったところだろう。

ハクサンムーンとコパノリチャードは出遅れ癖がなんといっても怖い。

ハクサンムーンあたりは、ハナを切って気分よく行かせたいところだろうと思う。

ここのハナ争いも楽しみで見物(^^)。


前半3Fの想定ラップは、34秒を割ってくるだろうと思う。

ペースは速くなるだろうから、走破時計も1分20秒5前後になるのではないかと想定しておきたい。


レース展開面について


この阪神Cで考えないといけない事は、ミッキーアイルに代表されるようにハイペースになったとき、その馬自身が力を発揮できるかどうか、ってことを想定しておかないといけない。

ミッキーアイル自身、スワンS(G2)では好タイムで勝利しているけど、前半3Fは35.1秒とミッキーアイル自身が息を入れながら走れるペースだったということ。

それが、前半3F33秒台になった場合、前走のマイルCS(G1)のときのように崩れてしまう可能性があるのでは、っていうことを検討しておかないといけない。

要は、過去のレース経験より「スローペースに強い馬」、「平均ペースに強い馬」、「ハイペースに強い馬」、「展開不問の馬」っていう切り分けは必要に思う。


阪神カップ(G2)予想の続き


展開想定の後は、

【決め手】【レースレベル経験】【調教過程】【好調教】【実績】【馬齢】

というファクターで1頭ずつ見ていきたいと思う。

上位にピックアップできた馬は、

・3枠6番:ミッキーアイル
・4枠8番:リアルインパクト
・8枠16番:クラレント
・8枠18番:コパノリチャード

が差のないところで挙がってきた。

個人的には軸馬は1頭に絞りたいから、ここからさらに検討を進めたいと思う。

まずは、ミッキーアイル。

この馬は、先ほども検討材料に挙げたけど、ハイペースのときに自分の力を発揮できない可能性がある。

ということで、相手候補に格下げ。

次は、リアルインパクト。

この馬は昨年の同レースの覇者。

だけど、この馬自身も平均ペースには滅法強いけど、ハイペースになった時、意外とあっさり負けている。

ということで、ペースが速い時信頼に足らない部分があるから相手候補に格下げ。


後は、クラレントとコパノリチャード。

どちらとも展開面に不足はない。怖いのは、コパノリチャードの出遅れだけ。

だけど、鞍上に武豊を迎え、大外枠ということもあり、その点の心配はしなくても大丈夫かと思う。

高松宮記念(G1)では番手から進めて勝っているし、今回はハクサンムーンにハナを譲ったとしても大丈夫かなと。


よって、実績上位の

・8枠16番:コパノリチャード

を軸に馬券を購入したいと思う。


買い目は3連複で以下の通り。

(3連複フォーメーション)
18 - 1,3,4,6,7,8,11,14,16 (36通り)


相手は9頭に流し買い。


前走ではダートという選択肢を選んだコパノリチャードだけど、全く持って肌に合わない感じだった。

今回は仕切り直しということで、調教内容から非常に入念でスパルタだ。

それに応えてきたリチャードだけに、個人的にも期待をしたい1頭だ。


頑張れ! 豊ちゃん!

【予想 中山10R 有馬記念(G1)】最後の最後は世界一強い馬でお願いします!

【調教展望】中山10R 有馬記念(G1)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿