阪神のメインレースは2歳のG1戦が控えているため、10Rの特別戦も分厚いレース構成。

ダートのオープン戦でベテルギウスSが行われる。

ダートの2000mと言う距離は、阪神コースでしか行われない。

1800m戦よりも多少スタミナを要する流れになると思われるだけに、少しの違いにも気付けるように予想をしていきたいと思う。

■ システマチック予想


まずは、展開面を想定してみたいと思う。

逃げそうななのは、内から2枠2番のメイショウイチオシあたりだろうと思う。

他に競りかけて行きそうな馬が見当たらないので、ハイペースにはならないだろう。

良馬場ならスローにしたいところだろうけど、脚抜きの良い不良馬場だけにそれほどペースを落とす必要もない様に思う。

よって、ペースは平均ペースくらいになると思う。

走破時計は平均的な2分3秒前後になるのではないかと思う。



上記の観点と後は不良馬場を想定した予想をしていかないといけないと思う。

不良馬場に関しては、過去の経験で好走例があるかどうかをプラス材料として見ておきたい。


後は、次のファクターの【実績】【馬齢】【レースレベル経験】【決め手】【状態】【好調教】というファクターを適応させて上位にピックアップされた馬を軸馬にしたい。

全頭比較した結果、

 ・3枠3番ランウェイワルツ

を軸馬にして馬券を購入したいと思う。

券種は3連複で買い目は以下の通り

(3連複フォーメーション)
3 - 1,2,5,6,10,11,12,13 (28通り)


点数は少し多いけど、人気のドコフクカゼがもしかしたら飛ぶかも知れないと思っているから相手候補はしっかりと押さえておきたいと思う。


ランウェイワルツは追えば追うほど伸びるようなタイプだと思うし、鞍上がムーアに乗り代わるのも大いにプラスに思う。

どんなレースになるのか非常に楽しみ。

頑張れ! ムーア!

【データ】過去10年の勝馬データから、有馬記念(G1)を占う

【調教展望】阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス(G1)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿