なかなかダートの短距離重賞というものは、中央コースではお見受けできないレース。

グレードレースになってこれば、1分10秒の壁もなんなく突き破ってくる馬も多い。

今年も16頭が出走予定と実力拮抗なメンバーが集結した。

どんなレース展開になるのか、非常に楽しみな1戦だ。

まずは、状態面からきっちりと見ていこう!


<12月14日(日)カペラSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ダノンレジェンド 12/10 栗坂 56.2 - 40.1 - 25.7 - 12.8 馬也
1枠 2番 タールタン 12/10 栗坂 52.8 - 38.6 - 25.0 - 12.5 強め
2枠 3番 ノーザンリバー 12/10 栗坂 56.7 - 40.0 - 25.3 - 12.5 馬也
2枠 4番 エイシンゴージャス 12/10 栗坂 51.7 - 38.5 - 25.4 - 13.1 仕掛
3枠 5番 シルクフォーチュン 12/10 CW 82.4 - 66.0 - 51.7 - 38.6 - 13.4 一杯
3枠 6番 マルカバッケン 12/10 栗坂 56.2 - 41.0 - 26.8 - 13.5 仕掛
4枠 7番 ダッシャーワン 12/10 栗坂 53.4 - 38.6 - 25.0 - 12.7 一杯
4枠 8番 アドマイヤサガス 12/10 栗坂 51.6 - 37.8 - 24.6 - 12.4 一杯
5枠 9番 サトノプリンシパル 12/10 栗坂 55.1 - 40.1 - 25.5 - 12.0 馬也
5枠 10番 タイセイファントム 12/10 栗坂 54.5 - 39.2 - 25.4 - 12.9 一杯
6枠 11番 インペリアルマーチ 12/10 船橋 65.4 - 50.1 - 37.9 - 11.2 強め
6枠 12番 サトノタイガー 12/10 浦和 66.0 - 50.4 - 36.5 - 11.9 馬也
7枠 13番 スリーボストン 12/10 栗坂 54.3 - 39.5 - 25.9 - 13.3 一杯
7枠 14番 ナンチンノン 12/10 栗坂 52.9 - 38.2 - 25.3 - 13.3 一杯
8枠 15番 サウンドガガ 12/10 栗坂 53.5 - 38.7 - 25.0 - 12.6 馬也
8枠 16番 メイショウノーベル 12/10 CW 86.4 - 69.8 - 54.6 - 40.1 - 13.4 強め

【◎ピックアップ!】

(5枠9番:サトノプリンシパル)
前走は距離短縮レースだったが、この馬の全能力が結集させたかのような強いレースだった。
中1週の間隔ながら、調教も終い重点ながらみっちりとやってきた。
ラスト1Fの伸びも12.0秒と破格。
距離はさらに短縮されるレースになるけど、前走のレースを見る限り、時計勝負もドンド来いと言った感じだ。

【予想 中山11R カペラS(G3)】ハイペース、中山コースも歓迎! 3連勝で締めくくれ!

【調教展望】阪神11R ジュベナイルF(G1)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿