近年の牝馬は牡馬を一掃できるほどの力を持った馬もいる。

その真価を開眼させる第一段階のステップがこの「阪神ジュベナイルF(G1)」かも知れない。

まだ2歳という成長途上の段階で、気性面や体の作り、血統面も含めて非常に読みづらいレースであると思われる。

しかし、現状の調教内容から今の状態を把握して、きっちりと馬券に結び付けていきたいところだ!


<12月14日(日)ジュベナイルFの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ロカ 12/10 栗坂 54.8 - 39.5 - 25.2 - 12.5 馬也
1枠 2番 エフェクト 12/10 栗坂 54.6 - 40.0 - 26.0 - 13.3 一杯
2枠 3番 アルマオンディーナ 12/10 栗坂 54.4 - 38.8 - 24.8 - 12.1 一杯
2枠 4番 ココロノアイ 12/10 南W - - 55.1 - 40.0 - 12.0 馬也
3枠 5番 スマートプラネット 12/10 南W - - 52.1 - 38.8 - 13.4 馬也
3枠 6番 トーセンラーク 12/10 CW 85.1 - 68.9 - 53.8 - 39.9 - 12.4 馬也
4枠 7番 アカリアイドル 12/10 栗坂 55.1 - 40.3 - 26.0 - 12.8 馬也
4枠 8番 オーミアリス 12/10 CW 84.4 - 67.9 - 53.0 - 38.7 - 11.9 一杯
5枠 9番 アローシルバー 12/10 栗坂 56.7 - 41.5 - 27.1 - 13.5 馬也
5枠 10番 クールホタルビ 12/10 栗坂 57.3 - 41.1 - 26.3 - 12.7 馬也
6枠 11番 レッツゴードンキ 12/10 栗坂 56.8 - 41.3 - 26.4 - 12.8 馬也
6枠 12番 カボスチャン 12/10 南W 68.2 - 52.8 - 39.3 - 12.8 一杯
7枠 13番 コートシャルマン 12/10 栗坂 52.3 - 38.8 - 25.2 - 12.6 一杯
7枠 14番 ダイワプロパー 12/10 栗坂 55.7 - 40.8 - 26.7 - 13.7 強め
7枠 15番 レオパルディナ 12/10 栗坂 55.0 - 40.3 - 26.4 - 13.3 馬也
8枠 16番 ショウナンアデラ 12/10 美坂 54.3 - 40.0 - 26.3 - 13.1 馬也
8枠 17番 ダノングラシアス 12/10 栗坂 54.0 - 38.9 - 25.1 - 12.4 馬也
8枠 18番 ムーンエクスプレス 12/10 栗坂 53.8 - 39.1 - 25.5 - 12.8 一杯

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:ロカ)
新馬戦を快勝して2戦目でこのレースを迎えることになる。
しかし、新馬戦での豪脚を見てたら、心配よりも期待の方が上回る馬だろう。
その動きの良さは調教の時から見て取れる。
先週はCWコースで6F81秒台、今週は坂路で終い重点の追い切り。
時計は全体54.8秒、ラスト1F12.5秒を馬なりで計時。
状態面は文句なしと言えそうだ。
後は、レースに行って自分の力を出し切れるかどうかだろう。


(6枠11番:レッツゴードンキ)
キャリアは4戦目と競馬を使われながら成長を見せている。
前走では重賞勝利まであと少しだったが、あと1歩届かなかった。
中間の調教内容から、引き続き状態は維持していると思われる。
乗り込みは非常に入念で、今週は坂路で終い重点で追い切られ、ラスト1Fを12.8秒としっかりとまとめてきた。
特段速い時計を出して調整されている訳ではないが、この馬の状態に合わせて調整されている点に好感が持てる。


(8枠17番:ダノングラシアス)
前走のファンタジーS(G3)は流れの遅いペースの中、中団後ろから鋭い脚で追い込んだがあと1歩届かなかった。
今回は舞台が阪神で距離が200m延長となるが、特に大きなマイナスとなることはないだろう。
中間は坂路でみっちりと乗られており、若駒の牝馬とは思えない内容。
それだけできることが調子の良さであろうし、時計もラスト1Fを馬なりで12.4秒とまとめており、
このレースに向けて、やれることは全てやってきた、という感じが伝わってくる。
後は、メンバーとの力関係がどうかだろう。

【調教展望】中山11R カペラS(G3)

【調教展望】中山11R ラピスラズリS

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿