土曜日の中山のメインレースは「ラピスラズリS」。

芝の1200m別定戦に16頭が出走体勢を整えている。

中山の短距離レースは、差し馬天国とも言われているレースで、どんな展開になるかしっかりと読み取ることが先決だろう。

まずは、各馬の状態の想定を調教内容から見ていこう!


※ラピスラズリ・・・古代より崇められてきた美しい『聖なる石』 9月の誕生石



<12月13日(土)ラピスラズリSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 プリンセスメモリー 12/10 南W - - - - 38.8 - 13.2 馬也
1枠 2番 スマートオリオン 12/10 美P 70.0 - 55.0 - 41.0 - 12.6 馬也
2枠 3番 フレデフォート 12/10 栗坂 54.5 - 39.5 - 25.3 - 12.5 一杯
2枠 4番 ワキノブレイブ 12/10 CW 82.8 - 65.9 - 51.9 - 38.6 - 12.6 馬也
3枠 5番 ルチャドルアスール 12/10 南D - - 53.3 - 38.8 - 12.6 馬也
3枠 6番 レオンビスティー 12/10 栗坂 53.5 - 39.2 - 25.7 - 13.2 強め
4枠 7番 モグモグパクパク 12/10 南W 69.2 - 54.0 - 39.2 - 12.8 馬也
4枠 8番 コウヨウアレス 12/10 南W 66.4 - 51.5 - 38.1 - 13.2 馬也
5枠 9番 サクラゴスペル 12/10 美坂 54.5 - 38.8 - 25.1 - 12.7 一杯
5枠 10番 アピア 12/10 南芝 - - 54.4 - 39.4 - 11.7 馬也
6枠 11番 ラインブラッド 12/10 南W 83.2 - 67.8 - 53.2 - 39.0 - 13.0 馬也
6枠 12番 アイラブリリ 12/10 栗坂 52.8 - 39.8 - 27.3 - 14.5 一杯
7枠 13番 アフォード 12/10 栗坂 55.2 - 39.4 - 25.0 - 12.4 馬也
7枠 14番 サンディエゴシチー 12/10 CW 84.9 - 68.4 - 53.4 - 39.3 - 12.5 一杯
8枠 15番 セイコーライコウ 12/10 美坂 60.6 - 43.1 - 28.6 - 14.4 馬也
8枠 16番 レオアクティブ 12/10 美P 64.4 - 49.7 - 36.7 - 12.3 馬也

【◎ピックアップ!】

(2枠4番:ワキノブレイブ)
前走はペースが落ち着いてしまったため、この馬自身が伸びきれなかったというより、前が止まらなかったとみることもできる。
ただ、切れ味身上の馬ではないため、脚の使いどころの想定は難しいところ。
中1週の競馬になるが、CWコースで82秒台の時計を出してきており、状態は引き続き良好であると判断したい。
中山コースが吉とでるか、凶とでるか見物の1頭だ。


(4枠8番:コウヨウアレス)
前走は息の入らない流れの中、勝馬から0.5秒差という内容で、悲観するところはない。
どうしても展開に左右されてしまう面があるけど、この馬の力を発揮できる流れになれば、ここでも力は上位だろう。
中間の調教内容は馬なり調整で、この馬のペースに合わせて調整されている点に好感が持てる。
時計も南Wコース5F66秒台と上々だ。
叩き2走目となる今回、上積みも期待できるだろうし、後はどんな展開に持ち込むかだろう。

【調教展望】阪神11R ジュベナイルF(G1)

【調教展望】阪神11R チャレンジカップ(G3)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿